セキュリティ機能

メンバーがデバイスを紛失したり、盗難に遭ったの際に対処する等セキュリティに関する設定を行うことができます。

セキュリティ機能を確認する

  1. 管理者画面で アイコンをタップします。
  2. アイコンをタップします。
  3. 「セキュリティ機能」でメンバーをタップして開きます。所属組織をタップしたり、検索してメンバーを選択することもできます。

メンバー情報を確認する

下記のメンバー情報を確認することができます。

  • 写真
  • 名前
  • 姓 (フリガナ)
  • 名 (フリガナ)
  • ニックネーム
  • 所属部署、職級、役職
    • 代表所属部署 : 複数の部署に所属している場合は、代表所属部署が表示されます。
    • 役職 : メンバーに付与された職務上の責任の単位です。
  • メールアドレスまたは ID : ベーシックプランまたはプレミアムプランで LINE WORKS メールを利用する場合はメールアドレスが、ライトプランは ID が表示されます。
  • アカウントの状態 : 下記のいずれかの状態が表示されます。
    • 使用中 : LINE WORKS を利用できる状態です。
    • 登録待ち : メンバーがまだパスワードを設定せず、利用開始していない状態です。
    • 不在中 : 管理者またはメンバーが不在設定した状態です。
    • 削除 : 管理者がメンバーを削除した状態です。7 日以内であれば削除を取り消すことができます。
    • 一時停止 : 一時停止状態のメンバーはログインができませんが、アカウント上のデータは削除されません。不在設定された場合、一時停止によって不在設定が解除されます。
      • 一時停止 (管理者設定) : 管理者が一時停止した場合に表示されます。
      • 一時停止 (ログインに失敗) : メンバーが連続してログインに失敗した場合に表示されます。

メンバーステータス

メンバーのアカウント一時停止やアクセスブロックを設定することができます。

ログイン情報

メンバーのパスワード変更や LINE ログインの設定状況確認することができます。

  • パスワード変更 : 前回のパスワード変更日費を確認して、メンバーのパスワードを強制変更したり、次回ログイン時にパスワードを変更するよう要請することができます。
  • LINE でログイン : メンバーが LINE WORKS へのログインに LINE アカウントを使用しているか確認し、必要に応じて解除することもできます。

デバイス管理

メンバーの LINE WORKS 利用デバイスの一覧や詳細情報を確認することができます。

  • 使用中のデバイス : LINE WORKS にアクセスしたデバイスの一覧を確認することができます。デバイスをタップすると詳細が表示されます。遠隔デバイス管理 (MDM) のプロファイルがインストールされたデバイスは、管理者がアプリデータの削除やデバイスを初期化することで、紛失や盗難からデータを守ることができます。
    • モバイル : モバイル版 LINE WORKS アプリをインストールしたデバイスの一覧を確認することができます。デバイスをタップすると、詳細が表示されます。
    • PC : PC 版 LINE WORKS アプリや Drive エクスプローラー ( ベーシックプランおよびプレミアムプラン ) をインストールしたデバイスの一覧を確認することができます。デバイスをタップすると、詳細が表示されます。
  • デバイスの詳細
    • モバイル : プロファイルのインストールした場合

      • 名前 : デバイス名が表示されます。(iOS のみ)
      • モデル : デバイスの型番が表示されます。
      • OS : デバイスの OS バージョンが表示されます。
      • Vendor ID : デバイスの固有 ID でデバイスを初期化すると変更されますが、LINE WORKS アプリを削除して再インストールしても変更されません。
      • デバイス ID : Vendor ID に対し、LINE WORKS が 1:1 で作成して値です。遠隔デバイス管理のプロファイルをインストールして 登録されたデバイスにのみ表示され、登録していないデバイスは「unknown」が表示されます。
      • Serial no. : デバイスに付与された一連番号で、プロファイルをインストールし、モバイルデバイス管理 (MDM) 登録したデバイスのみ表示され、登録していないモバイルデバイスでは「unknown」が表示されます。
      • 直前の接続 : 直近の接続した時刻が表示されます。
      • 初回接続 : 初回接続した時刻が表示されます。
      • アプリ : アプリ名とバージョン情報が表示されます。
      • モバイルアプリのデータを削除 : 管理者が遠隔でモバイルアプリのデータを削除できます。紛失や盗難の際に業務に関する重要な情報を削除したい場合に使えます。
      • デバイスを初期化 : デバイスに保存されたすべてのデータを削除し、工場出荷時の状態に初期化します。紛失や盗難の際に業務に関する重要な情報を削除したい場合に使えます。
    • モバイル : プロファイルのインストールしていない場合

      • モデル : デバイスの型番 が表示されます。
      • OS : デバイスの OS バージョンが表示されます。
      • Vendor ID : デバイスの固有 ID でデバイスを初期化すると変更されますが、LINE WORKS アプリを削除して再インストールしても変更されません。
      • デバイス ID : Vendor ID に対し、LINE WORKS から 1:1 で作成する値でプロファイルをインストールし、モバイルデバイス管理 (MDM) 登録したデバイスのみ表示され、登録していないモバイルデバイスでは「unknown」が表示されます。
      • Serial no. : デバイスに付与された一連番号で、プロファイルをインストールし、モバイルデバイス管理 (MDM) 登録したデバイスのみ表示され、登録していないモバイルデバイスでは「unknown」が表示されます。
      • 直前の接続 : 直近の接続した時刻が表示されます。
      • 初回接続 : 初回接続した時刻が表示されます。
      • アプリ : アプリ名とバージョン情報が表示されます。
    • PC

      • モデル : デバイスのモデルが表示されます。モデルが把握できない場合は OS が表示されます。
      • OS : デバイスの OS バージョンが表示されます。
      • Mac Address : ネットワーク機器の物理アドレスが表示されます。
      • 直前の接続 : 直近の接続した時刻が表示されます。
      • 初回接続 : 初回接続した時刻が表示されます。
      • アプリ : アプリの種類とバージョンが表示されます。

使用状況

メンバーの直近 90 日のアクセス状況が表示されます。

  • 最近 90 日のアクセス状況 : 下記の詳細情報を確認することができます。

    • 接続環境 : 接続環境と OS の種類が表示されます。
    • 接続時刻 : 接続を開始した時刻が表示されます。
    • 接続位置 : 接続した国と IP アドレスが表示されます。
    • 接続状況 : 接続が終了した場合は「接続切れ」が表示され、接続中の環境は [切断] が表示され、タップすると該当する環境から強制的にログアウトされます。

 

関連項目

もっと知りたいですか?
あなたの質問に「みんな」が答えてくれます。質問受付中!