グループ

グループはプロジェクトや社内サークル活動など、コミュニケーションのためのグループを作成することができます。

グループメンバーだけのトークルームやノート、カレンダー、フォルダ、メーリングリストを利用できます。グループの 作成者はそのグループのマスターになり、グループの設定を変更したり、グループメンバーを管理することができます。

グループの種類

グループには下記の種類があります。

  • マイグループ
  • 管理しているグループ
  • すべてのグループ

マイグループと管理しているグループ

自分が所属するグループを「マイグループ」と「管理しているグループ」に分けて確認することができます。

自分がメンバーのグループは「マイグループ」自分がマスターのグループは「管理しているグループ」一覧で確認できます。

すべてのグループ

公開されているすべてのグループが表示されます。

自分が所属していないグループについてもグループ名と所属メンバーを確認できますが、トークルームを開くことはできません。

グループに属していないメンバーもグループ全員にメールを送信したり、予定に招待できます。グループ参加を希望する場合は [メール] をタップしてリクエストを送信することができます。

グループの公開設定

グループマスターはグループの公開有無を設定できます。

グループを非公開にするとグループメンバー以外にはグループ一覧、アドレス帳での検索結果、サジェストに表示されません。自分がメンバーまたはマスターになっているグループは「マイグループ」で確認できます。

グループの作成

グループを作成する方法には、アドレス帳で作成する以外に複数人トークルームから作成する方法があります。

ただし、管理者によりグループ作成が制限されている場合には作成できません。

グループを作成する方法には下記があります。

  • アドレス帳で作成
  • 複数人トークルームで作成

アドレス帳で作成する

複数人トークルームで作成

3人以上の複数人トークルームでグループを作成し、グループトークルームに切り替えることができます。

複数人トークルームでグループを作成すると、トーク機能は必須に設定され、既存のトーク内容が保存された状態でグループトークルームに変更されます。

グループの設定およびメンバー管理

グループマスターはグループの基本情報の編集と利用する機能の設定をすることができます。また、グループメンバーを追加または削除することができます。グループマスターが設定できる情報と機能は下記の通りです。管理者がグループ機能の設定を許可していない場合は設定できません。

  • グループの基本情報の編集
    • グループ名
    • グループの説明
    • グループマスターの追加・削除
    • グループメンバーの追加・削除
  • グループで利用する機能の設定
    • トーク機能の利用有無
    • ノート、フォルダ、予定、メーリングリストの利用有無
    • グループの公開/非公開

グループを削除する

グループマスターは「グループの管理」でグループを削除できます。グループを削除すると利用中のトーク、ノート、予定、フォルダ、メーリングリストのデータはすべて削除され復元できません。

 

グループから退室する

グループメンバーはグループトークルームから任意で退室することはできません。

グループマスターがメンバーを削除することで、削除されたメンバーはグループトークルームから退室します。

グループマスターにより削除されると、グループのトークを確認できなくなりますが、退室前送信したトークや画像などのデータはグループ内に維持されます。

 

関連項目

もっと知りたいですか?
LINE WORKS コミュニティで使用や活用方法について質問したり情報を共有してみましょう。