送信確認、送信取消

メール送信後に、受信者がメールを開いたかどうかを確認することができます。また、メールの送信を取り消すこともできます。

送信確認

受信者がメールを開封したかどうかを確認することができます。

ただし、テキスト形式のメールや受信者がメールの画像非表示に設定している場合は送信確認ができません。

開封確認は管理者が許可した場合に限り利用することができます。

サブメールドメインに送信した場合も送信確認が可能です。

送信取消

受信者が社内メンバーの場合、メールの送信を取り消すことができます。また、予約 (送信前) のメールも取り消すことができます。

メール送信を取り消すと受信者のメールフォルダからそのメールが削除されます。

送信後 24 時間以内には既読・未読に関わらず、すべてのメールに対して送信取消ができます。送信 24 時間以降は未読メールのみ取消ができます。

 

下記の場合は送信取消ができません。

  • 受信者のメールアドレスが社内 LINE WORKS メールではない場合 (外部送信の場合)
  • メール送信後 24 時間が経過し、受信者がメールを開封した場合
  • カレンダーの予定通知メール
  • 受信者が差出人のメールアドレスをブロックした場合
  • 受信者のアカウントが削除され、使用中ではない場合

 

関連項目

もっと知りたいですか?
あなたの質問に「みんな」が答えてくれます。質問受付中!