作成設定

エディター / フォント設定

メール作成時、表示されるエディターやフォントの種類を設定することができます。

新規作成ウィンドウ

メール作成画面の既定のウィンドウの高さを設定することができます。

差出人の名前

メール送信の際、相手に表示される名前を設定することができます。

From の既定アドレスを指定

メール作成時の「From」の既定アドレスを指定することができます。
メンバーによっては、自身のメールアドレス以外にサブドメイン、グループや組織のメーリングリストなどを送信アドレスとして利用できます。

自動一時保存周期

メール作成時の自動保存の間隔を設定することができます。

送信済みメール保存

送信したメールの自動保存有無を設定することができます。

個別送信

宛先に複数のアドレスを入力して、個別にメールを送信することができます。

自分を常に Cc に入れる

Cc、Bcc に自分のメールアドレスを自動で追加して送信することができます。

送信前プレビュー

メールを送信する前にプレビュー画面で内容を再確認することができます。

保留送信

メール誤送信防止のために送信を一定時間保留することができます。[送信] をクリックして、保留時間内であれば送信をキャンセルすることもできます。 保留時間内は、実際に送信される前に宛先違いやファイルの添付忘れなど気が付いた時点で、送信処理をキャンセルすることが可能です。

保留時間の設定

保留送信機能を有効にすると、メール画面右上に「送信保留中です。」のメッセージと共に [送信取り消し] と [メールを表示] を選択できます。

返信先のメールアドレスを設定する

LINE WORKS メールでは、自分が送信したメールに相手が返信する際、送信したアドレスとは別のメールアドレスに返信させることができます。

返信先アドレスを設定すると、そのメールを受信した相手が [返信] をクリックしてメール返信を行うと、宛先に返信先アドレスに設定したメールアドレスが表示されます。 設定を保存後に送信されるメールから適用されます。

返信先アドレスの設定

返信先アドレス設定の解除

返信に元のメールを含む

返信作成時に元のメール内容を含むかどうかを設定することができます。

返信時に元メール非表示

返信作成時に元のメール内容を非表示にするかどうかを設定することができます。

関連項目

もっと知りたいですか?
あなたの質問に「みんな」が答えてくれます。質問受付中!