フォルダ権限設定

組織長およびグループマスターはメンバーの閲覧権限、編集権限を設定することができます。ただし、外部ユーザーとのグループではアクセス権限を設定できません。

フォルダの権限管理

組織長およびグループマスターは、チーム/グループフォルダにアクセスできるメンバーを指定することができます。アクセス権限のないメンバーにはフォルダが表示されません。

新しいフォルダを作成すると、デフォルトですべてのメンバーに利用可能な状態であり、目的や用途に応じて利用するメンバーを指定できます。

メンバーの指定

利用メンバーの削除

利用メンバーから特定のメンバーを削除して、フォルダの利用を制限することができます。

アクセス権限解除

フォルダに設定された権限を解除します。

メンバーへの閲覧、編集権限付与

重要なファイルが含まれたフォルダは、共有メンバーの権限を閲覧権限に設定することで、フォルダ内のファイルを修正、削除することができなくなり、ファイルのダウンロードのみ可能になります。

編集権限

メンバーを追加すると、デフォルトで編集権限が付与されます。

編集権限はファイルのアップロード、ダウンロードおよびフォルダ追加、削除が可能になります。

閲覧、編集権限の付与

閲覧権限を付与されたメンバーはファイルをダウンロード、コピー、共有することができます。

追加されたメンバーには自動的に編集権限が付与され、「アクセス権の設定」で変更できます。

関連項目

もっと知りたいですか?
あなたの質問に「みんな」が答えてくれます。質問受付中!