フォルダ権限設定

新しいフォルダのアクセス権限などの利用権限を設定します。組織長およびグループマスターは各メンバーの閲覧、編集権限を設定することができます。

 

アクセス権限のデフォルト

自分が作成したファイルやフォルダのみ編集、削除することができます。

ただし、組織長およびグループマスターは他のメンバーが作成したファイルやフォルダも編集、削除することができます。

アクセス権限はファイル単位ではなく、フォルダ単位で設定できます。

 

フォルダのアクセス権限

最上位フォルダ

最上位フォルダではすべてのメンバーがフォルダ作成やファイルをアップロードすることができます。組織長およびグループマスターも最上位フォルダのアクセス権限を設定することはできません。

「トークファイル」フォルダ

組織長およびグループマスターが「トークファイルの自動保存」を有効にすると作成されます。グループ設定で「トーク内ファイルの自動保存」を有効にすると、トークで送受信されるファイルが [トークファイル] フォルダに自動で保存されます。

トークの保存期間設定に関わらず、ファイル削除するか、または機能が無効になるまで確認できます。

メンバーが作成したフォルダ

メンバーは誰でもフォルダを作成してファイルをアップロードすることができます。

組織長およびグループマスターが権限を設定したフォルダ

組織長およびグループマスターは各フォルダのアクセス権限を設定したり、各メンバーの閲覧、編集権限を設定することができます。

アクセス権限を設定したフォルダ内に新しいフォルダを作成すると、上位フォルダと同じアクセス権限が設定されます。

フォルダの権限管理

フォルダにアクセスするメンバーを指定することができます。アクセス権限のないメンバーにはフォルダが表示されません。

新しいフォルダを作成すると、デフォルトですべてのメンバーに利用可能な状態であり、目的や用途に応じて利用するメンバーを指定できます。

メンバーの指定

  1. フォルダの   アイコンをタップします。
  2. [権限設定] をタップします。
  3. 「権限設定」から利用するメンバーを選択して [OK] をタップします。

 

メンバーの権限解除

  1. フォルダの  アイコンをタップします。
  2. [権限設定] をタップします。
  3. 権限を解除するメンバーの右の  アイコンをタップします。
  4. [メンバー削除] をタップします。

 

アクセス権限解除

フォルダに設定された権限を解除します。

  1. フォルダの  アイコンをタップします。
  2. [権限管理] をタップします。
  3. 「権限管理」から[アクセス権限解除] をタップします。

 

メンバーへの閲覧、編集権限付与

重要なファイルが含まれたフォルダは、共有メンバーの権限を閲覧権限に設定することで、フォルダ内のファイルを修正、削除することができなくなり、ファイルのダウンロードのみ可能になります。

編集権限

メンバーを追加すると、デフォルトで編集権限が付与されます。

編集権限はファイルのアップロード、ダウンロードおよびフォルダ追加、削除が可能になります。

閲覧、編集権限の付与

閲覧権限を付与されたメンバーはファイルをダウンロード、コピー、共有することができます。

  1. フォルダの右の  アイコンをタップします。
  2. [権限管理] をタップします。
  3. 「権限管理」から権限を付与するメンバーの右の  アイコンをタップします。
  4. [閲覧権限] または [編集権限] をタップします。

メンバーを追加すると、デフォルトで編集権限が付与されます。

 

関連項目

もっと知りたいですか?
LINE WORKS コミュニティでの使用や活用方法について質問したり情報を共有してみましょう。