バージョン履歴

アップロードの際、ファイルを上書きすると過去に保存されたファイルのバージョンの履歴が表示されます。必要な場合、更新したファイルを前のバージョンに戻すこともできます。

 

バージョン履歴設定

バージョン履歴の利用設定

管理者が指定したファイル形式のバージョン履歴が保存されます。組織長またはグループマスターがバージョン履歴の利用有無を設定することはできません。

バージョン履歴の利用対象とするファイル形式、保存期間

バージョン履歴の利用対象とするファイル形式や保存期間の設定は管理者が行い、組織長またはグループマスターが設定することはできません。

 

バージョン履歴の表示

グループフォルダのバージョン保存期間は管理者が設定します。

1.ファイルの  アイコンをタップします。

2. [その他] をタップします。

3. [バージョン履歴] をタップして履歴を表示します。

バージョンの  アイコンをタップして [プレビュー] をタップすると該当する時点での本文を確認できます。

 

 

過去のバージョンに復元

バージョン履歴から過去のバージョンに復元します。

文書または画像の拡張子を持つファイルのみバージョン履歴を記録できます。文書と画像以外のファイル形式を追加、除外は管理者が設定します。

復元する前にファイルの本文をプレビューできます。

1.ファイルの  アイコンをタップします。

2. [その他] をタップします。

3. [バージョン履歴] をタップします。

4. 復元するバージョンの   アイコンをタップします。

5. [このバージョンに復元] をタップします。

復元するバージョンの  アイコンをタップして [プレビュー] をタップすると該当する時点での本文を確認できます。

 

バージョン情報の削除

ファイルのバージョン情報は使用容量に含まれます。任意のバージョンを削除すると空き容量を確保することができます。

1.ファイルの  アイコンをタップします。

2. [その他] をタップします。

3. [バージョン履歴] をタップします。

4.  削除するバージョンの   アイコンをタップします。

5. [バージョン情報を削除] をタップします。

 

関連項目

もっと知りたいですか?
LINE WORKS コミュニティでの使用や活用方法について質問したり情報を共有してみましょう。