LINE WORKS 2.6 アプリの新機能

LINE WORKS で利用できる新機能を紹介します。

最新バージョンの LINE WORKS アプリは 2019 年 7 月 11 日にリリースされたバージョン 2.6 です。

トーク

途中で参加したメンバーもトークルームに参加する前のトークを閲覧することができます。

トークルームで送受信されたコンテンツを、写真 / 動画、ファイル、リンクごとに確認することができます。

他のメンバーおよび Bot トークの既読確認

自分が送信したトークだけでなく、他のメンバーや Bot が送信したトークの既読確認をすることができます。

写真 / 動画を一緒に選択してまとめて送信できます。

メール / 予定の件名でトークルームが作成され、トークルームをすぐに把握できます。

Bot テンプレートを追加

リッチメニュー、カルーセル / 画像カルーセル、クイックリプライのテンプレートが追加され、さらに活用することができます。

ホーム

モバイルアプリのホーム作成画面が改善され、モバイルでも必読期間を設定できます。

投稿を検索する際、掲示板、内容、投稿者、添付ファイルなどで詳細検索することができます。

メンバーが作成した投稿を管理者も修正することができます。

コメントが許可された投稿のコメントに対してコメントを追加することができます。

投稿やコメントにファイルを添付する際、Drive に保存されているファイルを添付することができます。

カレンダー

予定作成画面を改善し、モバイルでの予定作成、予定招待、参加者や設備の空き時間確認がもっと便利になりました。

アンケート

LINE ユーザーおよび外部 LINE WORKS ユーザーにアンケートを送信することができます。

トークルームでアンケートを作成し、メンバーに送信することができます。

回答者も項目別の回答者を確認することができます。

アドレス帳

他社の LINE WORKS ユーザーとグループを作成して、トーク、ノート、予定、フォルダを利用できます。

メール

VIP メールを差出人ごとに確認することができます。

ゴミ箱に移動したメールを日時順または削除順に並べ替えることができます。

メールを作成する際に、宛先、Cc、Bcc を組織図から選択することができます。

Drive

共有リンクの作成や管理がさらに簡単になりました。

詳細情報画面で、情報の確認だけでなく、ファイルロック、共有状況、バージョン履歴などを管理することができます。

Drive に保存された画像を切り抜き、回転、ペンツールで編集してデバイスに保存することができます。

管理者画面

ワークスグループ名を変更することができます。

管理者だけでなく、すべてのメンバーが新規メンバーを招待することができます。

メールまたは Drive に関するモニタリングポリシーを作成する際、「メールで通知」に加えて「トークで通知」を選択できます。

モバイル版アプリでフリープランからライトプランにアップグレードすることができます。