環境設定

CONTENTS

この機能はアドバンストプランでのみ利用できます。
スタンダードプランではDriveオプション商品を追加してから利用することができます。

同期フォルダ、通知やログインに関する設定を行うことができます。

同期フォルダ設定

同期するフォルダを設定します。設定を完了すると、LINE WORKS Driveの同期フォルダ内のフォルダやファイルがオンライン専用で表示されます。

Windows

  1. WindowsのタスクトレイでLINE WORKS Drive アイコンを右クリックします。
  2. [環境設定] をクリックします。
  3. 「同期フォルダ設定」で同期するLINE WORKS Driveのフォルダを選択します。
  4. 「フォルダの場所」の [変更] をクリックして同期先のローカルフォルダを選択します。
  5. [設定完了] をクリックします。

macOS

  1. メニューバーでDriveエクスプローラー  アイコンをクリックします。
  2. [環境設定] をクリックします。
  3. [同期] タブをクリックします。
  4. 同期するLINE WORKS Driveのフォルダを選択します。
  5. 「フォルダの場所」の [変更] をクリックして同期先のローカルフォルダを選択します。
  6. [OK] をクリックします。

ファイルに関する通知設定

共有フォルダ、チーム / グループフォルダでアップロードやファイルロックがあった場合に通知することができます。

Windows

  1. WindowsのタスクトレイでLINE WORKS Drive アイコンを右クリックします。
  2. [環境設定] をクリックします。
  3. 「ファイルに関する通知」で項目にチェックを入れます。
  4. [設定完了] をクリックします。

macOS

  1. メニューバーでDriveエクスプローラー  アイコンをクリックします。
  2. [環境設定] をクリックします。
  3. [一般] タブをクリックします。
  4. 「ファイルに関する通知」でチェックボックスをクリックして通知を設定します。

オンライン専用に自動転換設定

macOS

  1. メニューバーでDriveエクスプローラー  アイコンをクリックします。
  2. [環境設定] をクリックします。
  3. [一般] タブをクリックします。
  4. [オンライン専用で自動転換期間設定] で期間を設定します。

ログイン設定

PC起動時にログインするかどうかや、重複ログインの可否を設定することができます。重複ログインを許可すると、1 つのIDで最大 3 台のPCをLINE WORKS Driveと同期できます。

Windows

  1. WindowsのタスクトレイでLINE WORKS Drive アイコンを右クリックします。
  2. [環境設定] をクリックします。
  3. 「ログイン設定」で項目にチェックを入れます。
  4. [設定完了] をクリックします。

macOS

  1. メニューバーでDriveエクスプローラー  アイコンをクリックします。
  2. [環境設定] をクリックします。
  3. [ログイン設定] タブをクリックします。
  4. チェックボックスをクリックします。
この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。