同期設定

CONTENTS

この機能はアドバンストプランでのみ利用できます。
スタンダードプランではDriveオプション商品を追加してから利用することができます。

同期設定とは、LINE WORKS Drive内のフォルダを、ローカルPCのフォルダと連動させ、ブラウザ版、モバイル版アプリまたはDriveエクスプローラでの作業をリアルタイムでPCのフォルダにアップデートできる機能です。

共有ドライブ」、「チーム/グループフォルダ」、「マイドライブ」、「共有されたフォルダ」の中からフォルダを選択して、PCのフォルダと同期でき、最大 3 台のPCまでできます。

管理者が制限したファイル形式やマルウェア、特殊文字フォルダなどDriveで制限されたデータは同期されず、下記の場合は同期することができません。

  • リムーバブルディスク
  • 仮想ドライブ
  • Windowsの「Windows, Program Files」および下位フォルダ、デスクトップフォルダ

同期設定は基本的にオンライン専用 (ファイルに アイコンで表示) 状態で、Driveエクスプローラにログインした際のみPCのフォルダでLINE WORKS Drive内のファイルにアクセスできます。

[PCで常に保持する] に設定するとローカル(ファイルに アイコン表示) 状態で転換され、ログアウト状態でもアクセスや編集が可能です。

同期設定

Drive内のすべてのフォルだとファイルをPCのフォルダーとリアルタイムで同期化して利用できます。

LINE WORKS Driveアプリで同期設定すると、PCのローカルフォルダとLINE WORKS Driveのマイドライブ、共有されたフォルダを同期することができます。

ただし、同期設定の位置はディスクパティション (C Driveなど) 下位のフォルダに指定しなければなりません。ディスクパティションぶ設定してしまうと、エラーが発生します。

Windows

  1. Driveエクスプローラーを起動します。
  2. ログイン画面でIDとパスワードを入力してログインします。
  3. タスクトレイでLINE WORKS Drive アイコンを右クリックします。
  4. [環境設定] をクリックします。
  5. 同期するLINE WORKS Driveのフォルダやファイルを選択します。
  6. 「フォルダの場所」の [変更] をクリックして同期先のローカルフォルダを選択します。
  7. [設定完了] をクリックします。

macOS

  1. Driveエクスプローラーを起動します。
  2. ログイン画面でIDとパスワードを入力してログインします。
  3. メニューバーでDriveエクスプローラー  アイコンをクリックします。
  4. [環境設定] をクリックします。
  5. [同期] タブをクリックします。
  6. 同期するLINE WORKS Driveのフォルダを選択します。
  7. 「フォルダの場所」の [変更] をクリックして同期先のローカルフォルダを選択します。
  8. [OK] をクリックします。

フォルダ別同期設定の解除

使用しないフォルダを同期設定の対象から除外することができます。

同期設定を解除し、PCの容量を確保して同期する時間を削減できます。

同期設定を解除した場合、オンライン専用フォルダおよびファイルはここから先PCで閲覧できません。ローカル専用または一時的ローカル専用フォルダおよびファイルはPCのゴミ箱に移動されます。

ファイル削除を防止するには同期設定を解除する前に、PCのゴミ箱自動削除設定を確認してください。

同期設定を解除してもLINE WORKS ブラウザ版、モバイル版のDriveでフォルダおよびファイルを確認できます。

Windows

  1. Driveエクスプローラーを起動します。
  2. ログイン画面でIDとパスワードを入力してログインします。
  3. タスクトレイでLINE WORKS Drive アイコンを右クリックします。
  4. [環境設定] をクリックします。
  5. 同期するフォルダの左側の アイコンをクリックします。
  6. [設定完了] をクリックします。

macOS

  1. Driveエクスプローラーを起動します。
  2. ログイン画面でIDとパスワードを入力してログインします。
  3. メニューバーでDriveエクスプローラー アイコンをクリックします。
  4. [環境設定] をクリックします。
  5. [同期] タブをクリックします。
  6. 同期するフォルダの左側の アイコンをクリックします。
  7. [OK] をクリックします。

ファイル、フォルダのごとに同期設定する

WindowsとmacOS Big Sur 11以降のバージョンからは、ファイルまたはフォルダ単位で同期設定することができます。

あまり使用しないファイルはオンライン専用にすることで、PCの使用容量を抑えることができます。オンライン専用にすると、インターネットに接続された状態でのみファイルにアクセスできます。

同期状態アイコンの詳細はこちらを参照してください。

同期ファイル、フォルダを右クリックし、「空き領域を増やす」または「このデバイス上に常に保持する」を選択して同期モードを切り替えることができます。

  • 同期設定したフォルダはオンライン専用状態になります。
  • ローカルで同期フォルダに移動したファイル、フォルダは一時的にローカルに保存された状態になります。
  • フォルダを常にデバイスに保持する設定にすると、下位のフォルダ、ファイルもローカルに保存されます。

オンラインでのみ使用 (オンライン専用)

ファイル、フォルダで「空き容量を増やす」を選択してオンライン専用に変更すると、データはローカルに保存されず、PCの使用容量を抑えることができます。

  1. Driveエクスプローラーを起動します。
  2. ログイン画面でIDとパスワードを入力してログインします。
  3. ローカルに保存しないファイル、フォルダを右クリックします。
  4. [オンラインでのみ使用] をクリックします。

オンライン専用に変更した項目には アイコンが表示されます。

PCで常に保持する (ローカルに保存)

オンライン専用の同期ファイル、フォルダをローカルにも保存して、インターネットに接続されていない状態でも利用できます。

  1. Driveエクスプローラーを起動します。
  2. ログイン画面でIDとパスワードを入力してログインします。
  3. 常に同期するファイル、フォルダを右クリックします。
  4. [PCで常に保持する] をクリックします。

ローカルに保存された項目は  アイコンが表示されます。

この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。