トークのステータス表示を利用してメンバーの状態を確認する

LINE WORKSトークのステータス表示を利用して、メンバーの状態を把握する。

 

LINE WORKSのトークはリアルタイムなコミュニケーションに適しています。相手の状態に関係なくメッセージを送信しておけば、いつでも、どこでもスマホなどで相手がメッセージを確認できるのがトークのメリットでもあります。ただ、メッセージを送信する際に、相手が今、メッセージを確認できる状態なのか把握したいこともあるかと思います。そんな時は、トークのステータス表示を利用すると、相手の状態が分かります。

 

1. プロフィールでメンバーのステータスを確認する

トークルームでステータスを確認したいメンバーのプロフィールをタップまたはクリックします。
ステータスが設定されている場合は、該当メンバーのプロフィールにステータスがアイコンとともに表示されています。

01

なお、「取り込み中(-)」、「不在中(!)」、「応答不可(OFF)」、「PC離席中(AWAY)」、「予定あり(カレンダーアイコン)」のアイコン表示は、プロフィールを開かなくてもトークルームのメンバーリストでも確認できます。

02

 

 

2. 「不在中」、「予定あり」のステータスについて

メンバーがステータスを不在中に設定している場合は、「!」のアイコンが表示されます。不在中の場合は、不在理由と不在期間を確認することができます。不在理由としては「休暇」、「出張」、「研修」、「病欠」、「休職」、「その他」があります。

03

LINE WORKSのカレンダーを使っている場合は、カレンダーの予定と連動してステータスが表示されます。カレンダーに予定が登録されていると、ステータスが「予定あり」となり、カレンダーアイコンと予定の時間が表示されます。

04

 

3.「 取り込み中」、「OFF」、「AWAY」のステータスについて

ステータスを「取り込み中」に設定すると、「取り込み中アイコン(-)」がプロフィール画像の隣に表示されます。メッセージを確認したり、返事をする時間がないときなどには、取り込み中のステータスを設定して、相手に状態をしらせることができます。

05

「応答不可(OFF)」は、スマホ版のLINE WORKSアプリもPC版のLINE WORKSアプリもまったく利用していない状態(全てのアプリからログアウトしている状態)のときに表示されます。また、「離席中(AWAY)」は、スマホ版のLINE WORKSアプリを使用していない状態で、PC版のLINE WORKSアプリを3分以上操作しなかった場合に表示されます。

06

 

 

4. 自分の状態を相手に知らせる

「取り込み中」と「不在中」の設定については、自分で設定することができます。「取り込み中」の状態を相手に伝えるには、プロフィール画面を開いて「取り込み中に切り替える」を有効にします。これで、他のメンバーが自分のプロフィールを開いたときに取り込み中アイコン「-」が表示されます。

07

また、出張や休暇などで、不在中を設定する場合は、ブラウザ版LINE WORKSで、画面右上にある自分の名前をクリックして表示されるメニューから「ステータス」を選択します。
「個人情報の設定」画面が表示されますので、左側のメニューの「ステータス」が選択されていることを確認し、「不在設定」を「設定する」にします。「不在理由」と「不在期間」を設定して画面下の「保存」を押すと、不在設定が登録されます(「不在通知のメッセージ」にチェックが入っている場合は、メッセージを入力する必要があります。不在通知メッセージを利用しない場合は、チェックを外します)。
不在中の状態が設定されている場合、プロフィール画像の横に不在中アイコン「!」と詳細内容(不在の理由と期間)が表示されます。

 

メンバーの状態が分かることで、よりスムーズなコミュニケーションにつながる場合もありますので、トークのステータス表示を上手に活用してみてください。

カテゴリー: トーク タグ: , , , ,