業務の「ひと手間」を減らしてスピードアップさせる、トークの便利な機能あれこれ

すぐに使えるTipsを活用して、社内コミュニケーションの速度を高めてミスを減らしましょう。

LINE WORKSのトークには、日々の様々なやり取りにまつわる作業や、外出中などに急ぎの対応をしなければならないなど、現場の業務のひと手間を減らすことができる工夫がいくつも実装されています。今回は、トークでそんな「ひと手間」を減らすことのできる便利なTipsを紹介します。

 

 

1. 組織のメンバー全員に一斉にトークを送る

  • 他の部署の全員に対してメッセージを送ることができますか。
  • チームを跨いで議論が必要なとき、トークをどう始めればいいですか。

トークで組織を選択すると、その組織に所属するメンバー全員に対してメッセージを送ることができます。モバイルアプリでは、アドレス帳で対象となるチームを左にスワイプし、メッセージ送信ボタンをクリックするだけで、所属するメンバー一人一人を選択することなく、選択したチームのメンバーがすべて参加するグループトークルームが開きます。複数のチームを選択したり、チームとメンバーを個別に選択してメッセージを送ることも可能です。

01

 

 

2. 転送機能でメッセージやファイルを手軽に共有

  • 他のチームのメンバーからトークで送られた資料を同僚に共有したい。
  • 本社から送られてきた周知事項をアルバイトに共有したいとき、メッセージをコピーするのが面倒です。

転送したいメッセージを長押してメニューから「転送」を選択し、転送先のメンバーや組織、またはトークルームを選択してすぐにメッセージを転送することができます。長文メッセージをコピーしてペーストしたり、ファイルを保存してから添付するといった操作がなく、手軽に情報を共有できます。

※ PC版アプリでは、写真/ファイルの転送のみに可能です。受信した写真/ファイル下部の [転送] ボタンを利用してみてください。

02

 

3. 長文メッセージをドラッグせずにコピー

  • メッセージ全体をコピーするときにドラッグが大変です。

LINE WORKSでは、メッセージ全体をワンステップでコピーすることができます。長文のメッセージを編集して転送する際、ドラッグして選択しなくても、メッセージを長押しすることでコピーができます。

 

 

4. 会話中にタスクを登録

(ベーシックプラン・プレミアムプランのモバイルアプリのみ)

  • チャットが終わってからタスクリストを整理するのが手間です。

メッセージを長押ししてメニューから「タスク」を選択すると、そのメッセージが件名に入ったタスク作成画面に遷移します。重要なタスクは忘れないうちに、チャットの最中にも登録しましょう。

 

様々な機能を持つLINE WORKS。200%活用してみてください!

カテゴリー: トーク タグ: