顧客/取引先の連絡先を効率良く管理する

顧客、取引先、外部のパートナー企業。業務に必要な連絡先をいまだに苦労しながらExcelで管理していませんか?LINE WORKSのアドレス帳に顧客/取引先の連絡先も登録して、便利に管理する方法をご紹介します。

 

 

  • 名刺をスキャンして連絡先を登録する
  • 連絡先を分類して検索も簡単に
  • 連絡先を閲覧できるメンバーを指定する
  • 連絡先の編集を制限する

1.名刺をスキャンして簡単に連絡先を登録する

顧客や取引先からもらった名刺が、オフィスの机の引き出しに溜まっていませんか?わざわざ入力しなくても、名刺を撮影するだけで氏名、会社、電話番号などの情報をアドレス帳に登録できます。登録した連絡先はチームメンバーにすぐに共有できます。

名刺スキャンで連絡先を追加する方法を確認しましょう。

2.連絡先をタグで分類して確認する

アドレス帳に登録された顧客/取引先の連絡先は、タグを使って簡単に分類できます。会社のメンバー全員が確認できるタグを設定するか、自分だけが確認できるMYタグを設定しましょう。VIP、デザイン外注企業、Aプロジェクトなど顧客/取引先の特性をタグ名として使うと、顧客/取引先の管理がさらに簡単になります。

顧客/取引先の連絡先のタグ設定を確認しましょう。

3.公開範囲を設定して連絡先を閲覧できるメンバーを指定する

連絡先を特定のメンバーだけに共有したい場合は公開範囲を指定しましょう。公開範囲に指定されたメンバーやグループだけが、その連絡先をできます。連絡先の公開範囲に他のメンバーを追加しなければ、自分だけが確認できる連絡先になります。

顧客/取引先の連絡先の公開範囲を変更する方法を確認しましょう。
管理者が連絡先の公開範囲を変更する方法を確認しましょう。

4.権限設定で重要な連絡先の編集を制限する

連絡先情報が勝手に編集されたり、削除されたりしないか心配ですか?権限の設定で登録したメンバーや管理者だけが連絡先を編集できるように制限することができます。

顧客/取引先の連絡先の編集権限設定を確認しましょう。