ひらめいたアイデアを
忘れないように記録する方法

仕事中に突然アイデアがひらめくこともあるでしょう。しかし、「後でまた考えよう」と後回しにすると、どんな内容だったか思い出せずに困った経験はありませんか?大切なアイデアを忘れずにLINE WORKSに記録する方法をご紹介します。

 

 

  • 自分だけのトークルームに記録する
  • メモに記録する
  • ノートで共有する

1.自分とのトークルームにアイデアを記録する

会話途中に浮かんだアイデアは、メモアプリを使う必要はなく「自分とのトークルーム」に記録しましょう。他のメンバーは見ることができないトークルームなので、気軽に使えます。

自分とのトークルームの使い方を確認しましょう。

2. アイデアを忠実にメモする

アイデアを簡単なテキストだけで記録すると、ひらめいたときの詳細が思い出せないこともあります。これを解決するためにメールの「メモ作成」機能を活用してみましょう。文字のフォントサイズや色を変更して編集できるだけでなく、スタンプ、写真、そしてファイルも添付できるので、温度感を含めてアイデアを詳しく記録できます。
(LINE WORKSメールはベーシックプラン/プレミアムプランで利用できます)

メモの作成方法を確認しましょう。

3.ノートでアイデアを共有する

自分だけで閉じておくのはもったいないアイデアは、ノートに投稿してチームメンバーにも共有しましょう。浮かんだアイデアを意見交換したいトークルームのノートに投稿すれば自動的にチームメンバーにも共有され、コメントでお互いの意見をやり取りすることもできます。

ノートの作成方法を確認しましょう。