重要な業務を忘れずにチェックする方法

次から次へとやってくるトークやメールの依頼、会議の予定。通知が溜まると重要な業務を見失いがちです。そんなとき、LINE WORKSでトーク、メール、予定を忘れないようにするTipsをご紹介します。

 

 

  • 重要なトークルームを固定する
  • 重要なトークを個別管理する
  • 重要なメールを再通知する
  • 重要な予定を確実に忘れないようにする

 

1.重要なトークルームは、上部にピン留めして確認する

トークの通知が溜まってくると、他のトークルームに埋もれてしまって重要な業務のトークを見逃す恐れがあります。そんな状況を防ぐために、よく使うトークルームや重要なトークルームをピン留めして、一覧上部に固定してみましょう。ピン留めしたトークルームは常に上部に表示されるので、重要な業務連絡を逃さずチェックできます。

トークルームをピン留めする方法を確認しましょう。

2. 重要なトークはタスクで管理する

受信するトークが多すぎる場合は、業務内容が書かれたトークを個別にタスクにコピーして、タスクリストを作ってみましょう。依頼された仕事を確実に管理できるので、手帳やタスク管理アプリを別で用意するは必要ありません。

トークをタスクにコピーする方法を確認しましょう。

3.重要なメールはリマインダーで再通知する

重要なメールを読んだ後、すぐに返信するのが難しい状況なら、リマインダーを設定してみましょう。好きな時間にリマインドできるだけではなく、リマインダーを設定したメールをまとめて確認することもできるので、忘れずにメールに返信できます。
(LINE WORKSメールはベーシックプラン/プレミアムプランで利用できます)

メールリマインダーの設定方法を確認しましょう。

4.重要な予定は通知を複数設定する

絶対に忘れてはいけない取引先との重要な会議は、前日、そして1時間前にも通知を設定してしっかり準備しておきましょう。トークだけではなく、メールにも通知が届くように設定することもできます。

通知時間を設定する方法を確認しましょう。