業務内容を効率よく伝える4つの秘訣

仕事をしているとトーク内容やメール、ノートを他の場所に共有しなければならない状況が度々発生します。LINE WORKSのトーク、メール、ノートの転送や共有方法を確認して、コミュニケーションの効率を高めましょう。

 

 

  • トークを転送する
  • メールを自動転送する
  • 送信したメールをすぐに再送する
  • ノートの投稿を共有する

1.トークを会話の流れと一緒にまとめて転送する

他のメンバーにも共有したいトークをコピーしたり、ファイル一度デバイスにダウンロードしたりしなくても、トークルーム内で簡単に他のトークルームに転送できます。「1つにまとめて転送」を利用すると、誰がいつ送ったのかの情報も含まれるので、会話の流れも一緒に伝えることができます。

トークの転送方法を確認しましょう。

2. メールを自動転送する

共有が必要なメールを受信する都度、チームメンバーに一つ一つ共有していませんか?条件に一致するメールを受信した時は、自動で他のメンバーに転送する振り分けフィルタ機能を、すべての受信メールを他のアカウントに共有する時はメール自動転送を利用しましょう。

受信メールフィルタについて確認しましょう。
メール自動転送について確認しましょう。

3. 送信したメールをすぐに再送する

送ったばかりのメールに宛先が抜けていて、もう一度送らなければならない時はありませんか?そういう時は「再送信」を利用しましょう。わざわざコピー&ペーストしなくても同じ内容でメールを送ることができ、受信者に合わせて必要な内容を少し修正して送ることもできます。

メールを再送信する方法を確認しましょう。

4. ノートの投稿を簡単に共有する

ノートの投稿を他のグループノートや掲示板に投稿したい時、都度本文をコピーする必要なく簡単に送信できます。共有先のノートは最大20件まで選択できるので、一度に複数の場所に送信することもできます。

ノートの投稿を送信する方法を確認しましょう。