相手に配慮するコミュニケーションTIP

仕事を成功させるためには、各自が業務をしっかり進めることも重要ですが、一緒に働く仕事仲間に配慮するコミュニケーション能力も必要です。

相手を思いやるコミュニケーションで、より良い成果を作るための秘訣をご紹介します。

 

 

  • 相手の状況を確認してからトークする
  • 会議の前に内容を事前共有する
  • 不在時には自動応答を設定する

1.プロフィールでステータスを確認してからトークを送る

LINE WORKSではメンバーが設定したステータス情報や、現在参加中の予定などをプロフィールで確認することができます。相手の予定を確認した上で、適切なタイミングでトークすることで、相手を尊重していることが伝わります。自分でもステータスを設定しておくことで、他のメンバーも状況を参考にしてコミュニケーションすることができます。

ステータスの設定・確認方法を確認しましょう

2.カレンダーの予定メモで内容を事前に共有する

カレンダーに予定を作成する際、参加するメンバーを追加して保存する前に、予定メモやファイルを添付して内容を共有しましょう。招待されたメンバーは、内容を確認して事前に準備することができます。

予定にメモなどの情報を追加する方法を確認しましょう。

3.休暇など不在時に自動応答を設定する

休暇など、長い間トークやメールに返信できない時は、自動応答を設定してみましょう。不在期間と理由などを入力して設定しておくと、他のメンバーが連絡する際に参考にすることができます。

自動応答メッセージを設定する方法を確認しましょう。
不在通知メールを設定する方法を確認しましょう。