パートナー企業とワンチームとして働く

仕事には外部のパートナー企業や取引先との協業もあります。LINE WORKSでトークのやり取りから予定の調整、資料の共有まで、社外の関係者とも同僚と同じようにワンチームとして働けるTipsをご紹介します。

 

 

  • 外部のLINEユーザーとつながる
  • 外部の関係者とグループを作る
  • Driveで資料を共有する
  • パートナー企業の意見を迅速にまとめる

1. 外部のLINEユーザーとつながる

相手がLINEを使っている場合は個人のLINEでつながるのではなく、LINE WORKSのLINE連携機能を使いましょう。プライバシーが守られるだけでなく、会話した内容もLINE WORKSに保存されるので業務履歴を安全に管理できます。

LINEユーザーとつながる方法を確認しましょう。

2. LINE WORKSを使うパートナー企業とグループを作る

パートナー企業もLINE WORKSを使っていますか?LINE WORKSなら別の会社のLINE WORKSともグループを作ってさらに緊密に協業できます。「ノート」に共有したい情報を投稿したり、「予定」を登録して仕事の進捗を共有し、「フォルダ」に資料をアップロードしたりして、一緒に管理しましょう。

外部のLINE WORKSユーザーとつながる方法を確認しましょう。
外部グループを作る方法を確認しましょう。

3. Driveで資料を共有する

外部の関係者と協業する時に、Driveを活用しましょう。フォルダにファイルを入れてリンクを作成し、そのリンクを伝えることでファイルを共有できます。権限の設定で、相手に自由に資料をアップロードさせることもできます。
(Driveはベーシップラン/プレミアムプランで利用できます)

Driveのリンク共有を確認しましょう。

4. アンケートで意見を迅速にまとめる

パートナー企業や取引先の声を聞きたいときは、アンケート機能を使ってみましょう。外部用アンケートを作成するとLINE WORKSやLINEでアンケートのリンクを送り、簡単に集計できます。一般的な様式のテンプレートから手軽に作成でき、リアルタイムで結果を確認することもできます。

外部用アンケートの作り方を確認しましょう。