カレンダー共有

CONTENTS

他のメンバーにカレンダーをきょうゆうしたり、公開URLを発行して、カレンダーを共有できます。

共有した、または共有されたカレンダーは「マイカレンダー」で確認できます。

メンバーに共有する

基本カレンダーや共有カレンダーを共有するメンバーを追加します。

カレンダーを管理したり、予定を閲覧するメンバー別に付与することができます。

管理者は、管理者画面からカレンダーメンバーの権限を編集することもできます。

モバイル版

  1. 「カレンダー」で  アイコンをタップし、[予定表] をタップします。
  2.   アイコンをタップし、[カレンダーの作成/設定] をタップします。
  3. 共有するカレンダーをタップし、「カレンダー設定」に移動します。
  4. 「カレンダー設定」で [カレンダーの共有] をタップして共有するメンバーを検索したり、組織図から選択して追加します。
  5. メンバー右側の アイコンをタップして権限を選択します。
  6. アイコンをタップします。
  7. [保存] をタップします。

ブラウザ版

  1. 予定表の左側にあるリストで、共有するカレンダーにマウスカーソルを移動します。
  2. アイコンをクリックします。
  3. [カレンダー設定] をクリックし、「カレンダー設定」に移動します。
  4. 「カレンダーの共有」検索欄に共有するメンバーの名前を入力してクリックします。
  5. をクリックしメンバーに付与するカレンダー権限を選択します。
  6. メンバー編集を終えたら [保存] をクリックし変更内容を保存します。

カレンダーを共有する際に、付与できる権限は以下の通りです。

すべての予定の日時のみ確認 公開された予定の
詳細確認
(ただし、非公開された予定は日時のみ確認可能)
すべての予定を確認・登録・削除 カレンダーのメンバー管理(招待・削除・権限追加)
予定の時間枠のみ閲覧
予定の詳細の閲覧
予定の管理
カレンダーおよび予定の管理

 

(以下)この機能はスタンダード、アドバンストプランでのみ利用できます。

外部にカレンダーを共有する

基本カレンダーと共有カレンダーの [カレンダー設定] でカレンダーを外部に共有できるURLとHTMLを作成できます。

ただし、 管理者が管理者画面から [外部への共有] 機能を有効にした場合のみ [カレンダー設定]に関連メニューが表示されます。

URLまたはHTMLでLINE WORKSカレンダーを外部ユーザーと共有することもできます。

共有できるURLの種類とHTMLは以下の通りです。

公開 URL ブラウザのアドレスバーに公開URLを入力してスケジュールを確認できます。
LINE WORKSユーザーであれば、[購読] ボタンを押して、カレンダーリストに追加できます。
HTML ウェブページ内にHTMLを挿入して、スケジュールを確認できます。
iCal URL 他のカレンダーサービスでiCalのURLを登録してスケジュールを確認できます。

※ただし、この機能を使用するには、管理者がAdminでカレンダーの外部共有機能の使用を許可する必要があります。

 

外部ユーザーにURLとHTMLを共有する

ブラウザ版

  1. カレンダーの [予定表の表示] の左側のメニューで、カレンダー名の上にマウスカーソルポインタを置きます。
  2. アイコンをクリックします。
  3. [カレンダー設定] をクリックします。
  4. [外部への共有] の[カレンダーの公開] 設定を選択します。
  5. カレンダーを共有するユーザーのアクセス権限を選択します。ただし、管理者が制限した場合 [予定の時間枠のみ閲覧] 権限のみ選択可能です。
  6. [保存]をクリックして変更を保存します。
  7. URLとHTMLの横の アイコンをクリックしてコピーした後、外部に共有します。

URLとHTMLをリセットする

既存に共有したURLとHTMLを新しいリンクに変更することができます。

URLを再設定すると、既存の共有した公開URL、HTML、iCalのURLではアクセスできなくなります。

URLリセット後、外部ユーザーにスケジュールを共有するには、新しいURLとHTMLを共有する必要があります。

ブラウザ版

  1. カレンダーの [予定表の表示] の左側のメニューで、カレンダー名の上にマウスカーソルポインタを置きます。
  2. アイコンをクリックします。
  3. [カレンダー設定] をクリックします。
  4. [公開URL/HTML/iCal URLの削除] 項目の [URLの削除] ボタンをクリックします。
  5. [はい] ボタンをクリックします。
  6. [保存] ボタンをクリックして変更を保存します。

外部共有を停止する

カレンダーの外部共有を停止することができます。

外部共有を停止すると、既存の共有した公開URL、HTML、iCalのURLではアクセスできなくなります。

ブラウザ版

  1. カレンダーの [予定表の表示] の左側のメニューで、カレンダー名の上にマウスカーソルポインタを置きます。
  2. アイコンをクリックします。
  3. [カレンダー設定] をクリックします。
  4. [カレンダーの公開]のチェックを外します。
  5. [はい] ボタンをクリックします
  6. [保存] ボタンをクリックして変更を保存します。

[カレンダーの公開]を再選択して外部共有を開始すると、以前と同じURLとHTMLが有効になります。

既存のURLとHTMLを使用しない場合は、URLをリセットする必要があります。

この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。