マイク、カメラ、画面収録へのアクセス許可設定

LINE WORKS アプリで音声通話、ビデオ通話および画面共有を利用するためには、デバイスのマイク、カメラ、画面収録へのアクセスを許可しなければなりません。

モバイル版

iOS でマイク、カメラへのアクセスを許可する

  1. 音声通話、ビデオ通話を初めて利用する際に表示されるポップアップで [OK] をタップします。
  2. [許可しない] を選択した場合、再度設定するには、デバイスの設定から許可します。
    1. デバイスの設定を開きます。
    2. リストで [LINE WORKS] をタップします。
    3. 「LINE WORKS にアクセスを許可」で [マイク] と [カメラ] を有効にします。

Android でマイク、カメラへのアクセスを許可する

  1. 音声通話、ビデオ通話を初めて利用する際に表示されるポップアップで、マイク、電話、カメラのアクセスを許可します。
  2. [許可しない] を選択した場合、再度設定するには、デバイスの [設定] から許可します。
    1. デバイスの [設定>アプリ>LINE WORKS] を開きます。
    2. 「アプリ情報」で [権限] をタップします。
    3. マイク、電話、カメラへのアクセスを許可します。

ブラウザ版

Windows でマイク、カメラへのアクセスを許可する

  1. 設定のトップページで [プライバシー] をクリックします。
  2. アプリのアクセス許可] で[カメラ]、[マイク]をオンにします。
  3. アプリを終了して再起動します。

Macでマイク、カメラへのアクセスを許可する

  1. 音声、ビデオ通話を初めて利用する際に表示されるポップアップで [OK] をタップします。
  2. [許可しない] を選択した場合に再度設定したい場合は、設定画面から許可します。
    1. システム環境設定で [セキュリティとプライバシー] をクリックします。
    2. 「マイク」、「カメラ」で LINE WORKS アプリのアクセスを許可します。
    3. アプリを終了して再起動します。

macOS で画面収録を許可する

  1. 音声通話、ビデオ通話を初めて利用する際に表示されるポップアップからシステム環境設定を開きます。
  2. [セキュリティとプライバシー] の [画面収録] でLINE WORKS アプリのアクセスを許可します。
  3. [許可しない] を選択した場合、再度度設定するには、設定画面で許可します。
    1. システム環境設定で [セキュリティとプライバシー] をクリックします。
    2. 「画面収録」で LINE WORKS アプリのアクセスを許可します。
    3. アプリを終了して再起動します。
この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。