ファイルの同期

Drive エクスプローラーで同期設定すると、1 つの ID で最大 3 台の PC のローカルフォルダと LINE WORKS Drive 上のフォルダやファイルを同じ状態に維持することができます。

例えば、ローカルの同期フォルダにファイルを追加すると、LINE WORKS Drive の同期フォルダにも追加され、ローカルの同期フォルダからファイルを削除されると、LINE WORKS Drive の同期フォルダからも削除されます。

LINE WORKS Drive 上で操作を行なった場合もローカルの同期フォルダに反映されます。

下記の場合は同期することができません。

  • 管理者により制限されたファイル形式
  • マルウェア、特殊文字が含まれたファイル
  • リムーバブルディスク
  • 仮想ドライブ
  • Windowsの「Windows, Program Files」および下位フォルダ、デスクトップフォルダ

同期設定

LINE WORKS Drive 上のマイドライブまたは共有されたフォルダで、同期するフォルダを選択することができます。

同期フォルダは手軽に開くことができます。マイドライブと共有されたフォルダは同じ位置に同期され、リアルタイムで確認できます。同期されたファイルやフォルダには アイコンが表示されます。

共有ドライブやチーム / グループフォルダは同期できず、下記の位置からアクセスすることはできます。

  • Windows : コンピューター」> LINE WORKS Drive (W:)
  • macOS : よく使う項目 > LINE WORKS Drive

同期の一時停止

ローカルフォルダと LINE WORKS Drive の自動同期を停止することができます。停止後、必要に応じて [同期を再開] をクリックして同期を再開できます。

同期を再開する場合は [同期を再開] をクリックします。

同期状態を確認する

Drive エクスプローラーのアイコンで確認する

タスクトレイにある Drive エクスプローラーアイコンで同期状態を確認することができます。

同期未利用
同期完了
同期中
同期失敗項目あり
同期一時停止中
同期フォルダ変更または削除
ログアウト
ネットワークが不安定

アイコンを右クリックして確認

タスクトレイまたはメニューバーにある Drive エクスプローラーのアイコンを右クリックして同期状態を確認することができます。

  • 同期リストを確認中
  • 同期中(同期完了された件数 / 同期されるファイルの合計)
  • 同期完了
  • LINE WORKS Driveと同期しません。

同期失敗項目を確認する

同期に失敗したファイルまたはフォルダがある場合、「同期に失敗した項目があります。」が表示されます。

詳細は [項目を確認する] をクリックするか、タスクトレイの Drive エクスプローラーのアイコンを右クリックし [失敗した項目] クリックして確認できます。

関連項目

もっと知りたいですか?
あなたの質問に「みんな」が答えてくれます。質問受付中!