リンク共有

ファイルを共有する際に、メールに添付したりトークで直接送信する代わりに、Drive のリンクを共有することができます。

また、より安全にファイルを共有したい場合には、アクセス権限や有効期限、編集権限を設定して共有することができます。

リンク共有を設定すると、ファイル / フォルダ名の右にアイコンが表示されます。

リンク共有を設定する

アクセス権限

アクセス権限には「誰でもアクセス可能」「自社社員のみアクセス可能」「パスワードで認証」「ワンタイムパスワード認証」があります。

「自社社員のみアクセス可能」は社内向けのお知らせ資料のように、メンバーを特定せずに共有する場合に利用できます。

なお、管理者の設定によって表示される項目が変わることがあります。

下記の場合は共有リンクにアクセスできません。

  • 共有リンクが削除された場合
  • 共有リンクの有効期限が切れた場合
  • 共有リンクの権限が削除された場合
  • (ワンタイムパスワード認証) リンク利用者から削除された場合
  • (ワンタイムパスワード認証) 最初に認証したブラウザ以外のブラウザでアクセスした場合

有効期限

有効期限は制限なし、7 日、30 日、90 日、180 日から選択できます。

ユーザー権限

フォルダを共有する際に「編集可能」権限が付与されます。

編集可能にすると、共有された人がファイルをアップロードしたり、ファイル名の変更、ファイルの削除、新しいフォルダをアップロードすることができます。

 

リンク共有を作成する

リンクはメールまたはトークに貼り付けして共有できます。

 

パスワード認証でリンクを共有

ワンタイムパスワード認証でリンクを共有

ワンタイムパスワード (OTP) を都度入力してアクセスするリンクを生成します。共有されたユーザーは、メールで OTP 認証を行なってリンクにアクセスできます。社外のユーザーとやり取りする場合など、より安全に共有する場合に使用します。

リンクを共有する

「ワンタイムパスワード認証」を選択した場合はリンクをコピーできません。

共有リンクを削除

リンクを無効にして共有を解除することができます。

リンク共有管理

共有したリンクのアクセス権限、有効期限、編集可否を設定することができます。

リンクの利用履歴を確認する

有効期限内の共有したリンクに関する下記の履歴を確認することができます。リンクが削除されると利用履歴も一緒に削除されます。

  • リンクにアクセス
  • プレビュー
  • 名前を変更
  • ダウンロード
  • アップロード
  • 上書き
  • 新しいフォルダを作成
  • 削除

リンク共有履歴を確認する

関連項目

もっと知りたいですか?
あなたの質問に「みんな」が答えてくれます。質問受付中!