外部ユーザーとのグループ

外部ユーザーとのグループは、LINE WORKS を利用する他社のユーザーと協業するためのグループトークルームです。グループ内のメンバーとトークやノート、カレンダー、フォルダを利用できます。グループの作成者はそのグループのマスターになり、グループの設定を変更したり、グループメンバーを管理することができます。

また、外部グループのデータは、下記のように容量が使用されます。

  • トーク : ファイル、写真、動画などをアップロードしたユーザーのドメインから容量が使用されます。
  • トーク以外 : グループを作成したマスターのドメインから容量が使用されます。

外部ユーザーとのグループの作成

外部ユーザーとのグループを作成する方法は、下記があります。

  • アドレス帳でメンバーを指定して作成する
  • トークで作成する
  • 複数人トークルームから切り替える
  • 管理者画面で作成する

外部ユーザーとのグループを作成するためには、グループメンバーが全員「外部のLINE WORKS連携」の利用メンバーである必要があります。外部のLINE WORKS連携を利用していないメンバーは、自動的にグループから退室されます。また、管理者画面のグループ作成設定が「メンバーが自由に作成可」の場合のみ外部ユーザーとのトークルームを作成できます。

外部ユーザーとのグループを作成するマスターは、グループを作成する前に外部LINE WORKS ユーザーをアドレス帳に追加しておく必要があります。

 

アドレス帳で外部ユーザーとのグループを作成する

アドレス帳で外部ユーザーとのグループを作成することができます。

 

トークで外部ユーザーとのグループを作成する

トークで他の会社のメンバーと外部ユーザーとのグループを作成することができます。

複数人トークルームを外部ユーザーとのグループに切り替える

外部LINE WORKS ユーザーがいるトークルームを、グループに切り替えることができます。外部ユーザーとのグループに切り替えたトークルームを通常のトークルームに戻すことはできません。

グループの設定およびメンバー管理

外部ユーザーとのグループマスターはグループの基本情報の編集と利用する機能の設定をすることができます。また、グループメンバーを追加または削除することができます。外部ユーザーとのグループマスターが設定できる情報と機能は下記の通りです。管理者がグループ機能の設定を許可していない場合は設定できません。

  • 外部ユーザーとのグループの基本情報の編集
    • グループ名
    • グループの説明
    • グループマスターの追加・削除
    • グループメンバーの追加・削除
  • グループで利用する機能の設定
    • トーク機能の利用有無
    • ノート、フォルダ、予定、メーリングリストの利用有無

 

外部ユーザーとのグループを削除する

グループのマスターは「グループの管理」でグループを削除できます。グループを削除すると利用中のトーク、ノート、予定、フォルダのデータはすべて削除され、復元できません。また、外部グループを削除すると、グループメンバーが所属する全ての会社からグループが削除されます。

 

グループから退室する

グループメンバーはトークルームから任意で退室することはできません。グループマスターがメンバーを削除することで、メンバーはグループトークルームから退室します。グループマスターにより削除されたメンバーは、グループのトークを確認できなくなりますが、削除されたメンバーが退室前に送信したトークや画像などのデータはグループ内に維持されます。

また管理者が「外部のLINE WORKS連携」の利用メンバーから削除した場合、グループから自動的に退室処理されます。

関連項目

もっと知りたいですか?
あなたの質問に「みんな」が答えてくれます。質問受付中!