グループを作成

CONTENTS

プロジェクトや社内サークルなど、組織を横断してメンバーとコミュニケーションするためのグループを作成することができます。

グループは 2 つのタイプがあります。

グループメンバーや利用する機能などの管理はグループマスターが行ないます。

内部グループを作成する

社内メンバーのみで利用するグループを作成することができます。

グループ作成権限は「サービス > チーム/グループ > 権限」の「グループ作成権限」でメンバーにも付与することができます。

  1. 管理者画面の左側メニューの [メンバー] を開いて [グループ] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. [グループの追加] をクリックします。
  3. [グループ] をクリックします。
  4. 「グループの追加」で 情報を入力します。
  5. [追加] をクリックします。続けて連絡先を追加する場合、[保存して追加を続ける] をクリックします。

グループ追加で 入力する項目は下記の通りです。

  •  基本情報

    • グループ名 (必須) : 最大 100 字まで入力できます。使用中のグループ名は設定できません。
    • 説明 : グループの説明を入力します。
    • マスター (必須) : マスターを 1 人以上指定します。グループメンバーを追加または削除したり、トーク、ノート、カレンダー、フォルダの利用有無を設定できます。
    • メンバー (必須) : グループメンバーを追加します。他のグループや組織をグループメンバーとして追加することもできます。
  • 機能

    • トーク : 有効にすると、グループメンバーのトークルームが作成されます。
    • ノート : 有効にすると、メンバーと情報共有するためのノートが利用できます。
    • 予定 : 有効にすると、グループメンバーと予定を共有するカレンダーを利用できます。
    • フォルダ : 有効にすると、写真、ファイル等をメンバーと共有できるストレージを利用できます。
  • 高度な設定

    • グループマスターにグループ機能の権限を付与 : マスターがグループで利用する機能の設定を変更できます。
    • グループメンバーのサービス通知にお知らせを送信 : 有効にすると、機能の設定変更時などにグループメンバーへサービス通知で通知されます。
    • グループの公開設定 : 有効にすると、アドレス帳のグループ一覧、およびグループ検索、サジェストに表示されます。
    • メーリングリストの設定
      • 外部からこのメーリングリスト宛てに送信されるメールをブロックします。: 有効にすると、外部から受信するメールをブロックします。
      • このメーリングリストを送信メールアドレスとして使用する。: 有効にすると、指定メンバーがこのメールアドレスを送信アドレスとして使用できます。メーリングリストを送信アドレスとして選択した場合、グループメンバーがBCCに指定されます。管理者画面の「監査/ログ」でメールを送信したメンバーを確認できます。
      • 社内利用において、このメーリングリスト宛てにメールを送信できるメンバーを制限します。: 有効にすると、指定メンバーからのメールのみ受信します。
      • メーリングリストに外部連絡先を追加する。: グループのメーリングリストのに顧客 / 取引先の社外連絡先またはから選択したり、メールアドレスを外部連絡先に自動登録され入力して追加できます。

外部グループを作成する

外部LINE WORKSユーザーが含まれたグループを作成することができます。

  1. 管理者画面の左側メニューの [メンバー] を開いて [グループ] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. [グループの追加] をクリックします。
  3. [外部ユーザーとのグループ] をクリックします。
  4. 「外部グループを追加」で 情報を入力します。
  5. [追加] をクリックします。
    • 続けて連絡先を追加する場合、[保存して追加を続ける] をクリックします。
    • 作成された外部グループは一覧で  (外部グループ) と  (非公開グループ) マークが表示されます。

外部グループ追加で 入力する項目は下記の通りです。

  • 基本情報

    • グループ名 (必須) : 最大 100 字まで入力できます。使用中のグループ名は設定できません。
    • 説明 : グループ説明を入力します。
    • グループマスター (必須) : 外部LINE WORKS連携を利用するメンバーからグループマスターを 1 人以上指定します。グループメンバーを追加または削除したり、トーク、ノート、カレンダー、フォルダの利用する機能を設定できます。
    • グループメンバー  : 外部LINE WORKS連携の利用が許可されたメンバーを選択し、グループメンバーとして追加します。ただし、ここでは外部LINE WORKSユーザーを追加することはできません。 外部LINE WORKSユーザーは、グループ作成後、にグループメンバーとして追加された外部LINE WORKS連携の利用が許可されたメンバーが、アドレス帳を利用して外部のLINE WORKSユーザを追加してください。
    • 利用する機能

      • トーク : 有効にすると、グループメンバーのトークルームが作成されます。
      • ノート : 有効にすると、メンバーと情報共有するためのノートが利用できます。
      • 予定 : 有効にすると、グループメンバーと予定を共有するカレンダーを利用できます。
      • タスク:有効にすると、グループメンバーとタスクを共有して管理することができます。
      • フォルダ : 有効にすると、写真、ファイル等をメンバーと共有できるストレージを利用できます。
  • 高度な設定

    • グループマスターにグループ機能の権限を付与 : マスターがグループで利用する機能の設定を変更できます。
    • グループメンバーのサービス通知にお知らせを送信 : 有効にすると、機能の設定変更時などにグループメンバーへサービス通知で通知されます。
    • グループの公開設定 : 外部グループは非公開の設定のみ可能です。公開に設定することはできません。
この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。