セキュリティレベル

CONTENTS

メール作成時に必要に応じてセキュリティレベルを設定し、重要なメールを安全に送信することができます。

セキュリティレベルは「公開」「社外秘」「機密」のうち、管理者が許可したレベルが表示されます。

「社外秘」または「機密」に設定されたメールの場合、外部アドレスにメールを送信できず、転送する際にセキュリティレベル、有効期間、転送禁止の設定を変更したり、削除することはできません。

「社外秘」または「機密」を選択すると、有効期間や転送禁止を設定することができます。

有効期間を過ぎると受信者のメールフォルダからメールが自動で削除され、管理者の設定によって送信者のメールフォルダから削除することもできます。

セキュリティレベルを設定する

モバイル版

  1. 「メール作成」画面上部の  アイコンをタップします。
  2. [セキュリティレベル設定] をタップします。
    メールの重要度によって「公開」「社外秘」「機密」から一つを選択します。
  3. 「社外秘」または「機密」を選択した場合、有効期限、転送禁止有無を設定します。
    • 有効期限 : メールを確認できる期間で、設定した有効期間を過ぎると自動で削除されます。 未設定、1 日、1 週間、1 ヶ月、3 ヶ月から選択できます。
    • 転送禁止 : 送信したメールを他のメンバーが転送できないように設定します。
  4. [確認] をタップします。

ブラウザ版

  1. 画面上部の  アイコンをクリックします。
  2. 「メール」で [メール作成] をクリックします。
  3. セキュリティレベルをクリックします。
    メールの重要度によって「公開」「社外秘」「機密」から一つを選択します。
  4. 「社外秘」または「機密」を選択した場合、有効期限、転送禁止有無を設定できます。
    • 有効期限 : メールを確認できる期間で、設定した有効期間を過ぎると自動で削除されます。 未設定、1 日、1 週間、1 ヶ月、3 ヶ月から選択します。
    • 転送禁止 : 送信したメールを他のメンバーが転送できないように設定します。

セキュリティレベルを修正する

メールの送信前であればセキュリティレベルを修正することができます。

モバイル版

  1. 作成中のメールで [セキュリティレベル設定] をタップします。
  2. セキュリティレベル、有効期限、転送禁止有無を修正して [確認] をタップします。

ブラウザ版

  1. 作成中のメールでセキュリティレベル選択します。
  2. 有効期限、転送禁止有無を選択します。

セキュリティレベルを削除する

モバイル版

作成中のメールでセキュリティレベル設定の  アイコンをタップして設定を削除することができます。設定を削除したセキュリティレベルは後から再度設定することもできます。

ブラウザ版

作成中のメール上部のセキュリティレベル右側のアイコンをクリックします。

この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。