セキュリティレベル

メール作成時に必要に応じてセキュリティレベルを設定し、重要なメールを安全に送信することができます。

セキュリティレベルは「公開」「社外秘」「機密」のうち、管理者が許可したレベルが表示されます。

「社外秘」または「機密」に設定されたメールの場合、外部アドレスにメールを送信できず、転送する際にセキュリティレベル、有効期間、転送禁止の設定を変更したり、削除することはできません。

「社外秘」または「機密」を選択すると、有効期間や転送禁止を設定することができます。

有効期間を過ぎると受信者のメールフォルダからメールが自動で削除され、管理者の設定によって送信者のメールフォルダから削除することもできます。

セキュリティレベルを設定する

セキュリティレベルを修正する

メールの送信前であればセキュリティレベルを修正することができます。

セキュリティレベルを削除する

関連項目

もっと知りたいですか?
あなたの質問に「みんな」が答えてくれます。質問受付中!