トークBot

トークBot API を利用すると、トークBotアカウントからメンバーにメッセージを送受信でき、対話型コミュニケーションができます。

決裁、経費精算、システム異常などの通知にトークを利用することで、コストを削減することができます。他にも勤怠管理、安否確認、ワークフローなどの基幹システムをLINE WORKSトークBotと連携することで、メンバーはLINE WORKSのトーク上でこれらの処理ができるようになります。

メッセージは 7 つのタイプがあります。

  • テキスト、画像タイプ
  • ボタンテンプレートタイプ

 

  • リストテンプレートタイプ
  • 固定メニュータイプ
  • リッチメニュータイプ
  • カルーセル/画像カルーセルタイプ
  • クイックリプライタイプ
この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。