チームトークルーム

チームトークルームとは組織図と連動して組織単位で利用できるトークルームです。組織やグループ内の便利なコミュニケーションのために、ノート予定フォルダ 機能が備わっています。各組織でチームトークルームを利用するかどうかは管理者が設定することができます。

 

チームトークルームの作成

組織アドレス帳と連動して自動で作成され、組織のメンバー全員が自由に使うことができる上に、チャットの履歴も残ります。

メンバーが退職したり人事異動があったときも、チームトークルームからは自動で退室となるため、毎回メンバー管理に手間をかける必要はありません。またメンバーが退職したときもチームトークルームからは自動で退室となり、他のチームや組織に所属するメンバーからは照会や招待もできません。

チームトークルームのノート、予定、フォルダ、サービス通知のお知らせなどの管理設定は管理者による設定がデフォルトになっております。チームトークルーム名は組織図と連動して入力し、組織名が変更すると自動で更新され、メンバーによる変更はできません。

100 人以下の組織のみチームトークルームを作成することができます。もし、100 人を超過した組織の場合は管理者に作成を要請してください。

 

チームトークルームに参加

組織長によるチームトークルームが作成されるとチームのメンバーはアドレス帳の右上にアイコンが表示されます。

兼職する場合は組織図から兼職する組織に入るとアイコンが見れます。

組織図からチームトークルームに参加する

トークルーム一覧からチームトークルームに参加する

組織長によってチームトークルームが作成されると、チームメンバーのトークルーム一覧から所属のチームトークルームが表示されます。

トークルーム並び替えを利用すると「チーム/グループ」の下にチームトークルーム一覧が表示されます。

 

過去のトークの公開設定

トークルームに新しく招待するメンバーに過去のトークを公開することができます。

ただし、過去のトークの公開は、設定後に新しく招待されたメンバーにのみ適用され、設定前からトークルームにいるメンバーには適用されません。

チームトークルームのプロフィール写真

チームトークルームが作成するとデフォルト画像が表示されますが、プロフィール写真をカスタマイズしてグループの見分けにも役立ちます。

チームメンバーは誰でもプロフィール写真を編集できます。

チームトークルームのプロフィール写真の編集

チームトークルームの代表画像を削除

代表画像を削除するとデフォルト画像が表示されます。

 

チームトークルームの退室

チームトークルームは組織図と連動しているため、メンバーの招待や退室はできません。

 

関連項目

もっと知りたいですか?
あなたの質問に「みんな」が答えてくれます。質問受付中!