メール署名とフッター

CONTENTS

メール共通署名

メンバーが署名を設定する際に選択できる、会社共通のメール署名を作成することができます。共通署名は最大 5 つまで登録できます。

共通署名を作成する

共通署名のテンプレートを作成することができます。署名の各項目はメンバーがメールの環境設定で個別に編集できます。

ブラウザ版

  1. 左側メニューで [サービス] を開いて、 [メール] を選択します。
  2. [署名] タブをクリックします。
  3. 「共通署名」で [追加] をクリックします。
  4. 共通署名を作成する画面で表示される項目の中でテンプレートとして使用しない項目に [使用しない] をクリックします。
    メンバーの署名を作成する画面ではメンバー情報が基本情報として表示されます。

    • 署名のタイトル:作成するテンプレートの名前を入力します。
    • 署名タイプ : 「基本型」「カード型」「横長型」「自由型」の中で選択することができます。
      既に作成した署名がある場合はHTMLコードをコピーしてHTMLに貼り付けて使用することもできます。
    • 氏名 : 多国語設定がオンの場合には、多国語名を併記することもできます。
    • 会社の住所 : 複数ある場合は 10 個まで登録できます。
    • 追加する文言 : 右側の入力欄はメンバーが署名設定時に個別で追加する場合に使用します。
    • ロゴ画像 : 画像をアップロードまたは画像のURLで登録します。アップロードする画像は 10 個まで、ファイルサイズ 300KB 以下、画像サイズ最大 195×195 ピクセルのファイルを登録でき、推奨サイズは 117×15 ピクセルです。自由型以外の署名タイプに、5 個まで挿入できます。
    • LINE WORKS QR : 外部トーク連携を利用するメンバーの署名に、友だち追加用のURLや QRコードを挿入できます。
    • コピーする : 署名のHTMLコードをコピーできます。
    • プレビュ- : 入力した署名のデザインをプレビュー画面に反映できます。
  5. [保存] をクリックします。作成した署名は共通署名一覧に追加されます。

共通署名の利用設定

追加した共通署名をメンバーが利用することができます。

ブラウザ版

  1. 左側メニューで [サービス] を開いて、 [メール] を選択します。
  2. [署名] タブをクリックします。
  3. 「共通署名」で使用する共通署名テンプレートの利用有無を設定します。
  4. [保存] をクリックします。

共通署名を修正する

共通署名を修正することができます。

ブラウザ版

  1. 左側メニューで [サービス] を開いて、 [メール] を選択します。
  2. [署名] タブをクリックします。
  3. 修正する共通署名の [修正] をクリックして修正します。

共通署名を削除する

共通署名を削除することができます。

ブラウザ版

  1. 左側メニューで [サービス] を開いて、 [メール] を選択します。
  2. [署名] タブをクリックします。
  3. 共有署名一覧で削除するテンプレート右側の [削除] をクリックします。

フッターの設定

メンバーが送信するメールの下部に、会社共通で表示されるスローガン等や注意書きなどを挿入することができます。

フッターを登録すると返信および転送時には適用されず、メールでの返信時に適用されます。

フッターはメールプレビュー時または「送信済みメール」フォルダでメール署名の下部で確認できます。

セキュリティレベル、内部/外部の送信先別にフッターを設定できます。新しいメールだけでなく、返信、転送、全員に返信時にフッターを追加するよう設定できます。

内部/外部の送信先別にフッターを設定して、メール受信先の内部/外部のメールアドレスが含まれている場合、送信メール箱には 2 つのフッターが表示されます。

ただし、受信先にはメールアドレスによって内部用または外部用のフッターが表示されます。

フッターの登録、修正

メールの共通フッターを設定することができます。フッターは最大 10,000 バイトまで入力できます

ブラウザ版

  1. 左側メニューで [サービス] を開いて、 [メール] を選択します。
  2. [署名] タブをクリックします。
  3. 「フッターの使用有無」右側のアイコンをクリックします。
  4. 「フッターの使用有無」を有効にし、「適用対象」と「適用方法」を設定します。
    • 適用対象
      • 新規作成のメール送信時のみ適用 : 新規作成のメールのみフッターを適用します。
      • すべてのメール送信時に適用 : すべてのメール (新規作成、返信、転送、全員に返信、再送信) のフッターに適用します。
    • 適用方法
      • すべてのメールに同じフッターを適用 : すべてのメールに同じフッターを適用します。
      • 送信メールごとに異なるフッターを適用 : セキュリティレベルや送信相手によって異なるフッターを適用します。 ([セキュリティ>メール管理] で設定したセキュリティレベル名が [適用方法] カテゴリーに反映されます)
  5. [フッターを追加] をクリックします。
    フッター名と内容を入力します。画像はURLで挿入できます。登録済みフッターを修正する場合は、リストの右側の「管理」項目の [修正] をクリックして編集します。
  6. [プレビュー] をクリックすると登録したフッターを確認できます。
  7. [保存] をクリックします。
  8. 右上の [保存] をクリックします。

フッターの利用設定

登録されたフッターの利用有無を設定することができます。

ブラウザ版

  1. 左側メニューで [サービス] を開いて、 [メール] を選択します。
  2. [署名] タブをクリックします。
  3. 「フッターの使用有無」を有効にすると、フッターを個別に追加し、追加した個別フッターの使用有無を設定できます。
  4.  [保存] をクリックします。
この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。