例外管理

CONTENTS

この機能はスタンダード、アドバンストプランでのみ利用できます。

例外管理リストに登録されたメンバーは以下のすべてのモニタリングポリシーから除外されます。

  • 送信または受信したメール
  • 送信または受信したトーク
  • ファイルアップロード、ダウンロード履歴、リンクの共有履歴

例外管理リストにメンバーを追加

例外管理リストにメンバーを追加すると、そのメンバーはモニタリングポリシーの適用対象から除外されます。

メンバーは最大 200 人まで登録することができます。

  1. 管理者画面の左側メニューの [モニタリング] を開いて [例外管理] を選択します。 アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 右上の [メンバーの追加 ] をクリックします。
  3. 追加するメンバーを選択してから [OK] をクリックします。

例外管理リストからメンバーを削除

例外管理リストに登録されたメンバーを削除した時から、そのメンバーはモニタリングポリシーの適用対象となります。

  1. 管理者画面の左側メニューの [モニタリング] を開いて [例外管理] を選択します。 アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. リストから削除するメンバーの右にある [削除]をクリックします。複数のメンバーを一度に削除したい場合は、削除するメンバーを選択して [削除] をクリックします。

例外管理リストからメンバーを検索

例外管理リストに属するメンバーを検索することができます。

  1. 管理者画面の左側メニューの [モニタリング] を開いて [例外管理] を選択します。 アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 右上の アイコンをクリックします。
  1. メンバーの名前またはアカウントを入力して検索します。
この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。