ドメイン管理

CONTENTS

(この項目はライトプラン以上をドメインで利用する場合に設定できます。)

サブメールドメインを追加したり、追加済みのサブメールドメインを削除することができます。

保有するドメインをサブメールドメインとして追加することで、メンバーはプライマリドメインのメールアドレスだけでなく、サブメールドメインのメールアドレス「ログインID@ サブメールドメイン」を利用できるようになります。

メール作成画面で差出人としてサブメールドメインのメールアドレスを選択できます。

サブメールドメインで受信したメールも、同じ受信トレイに受信され、プライマリドメインの受信メールと区別できるように、メールの件名の前にサブメールドメインのアドレスが併記されます。

 

サブメールドメインを追加する

保有している他のドメインをサブメールドメインとして最大 10 件まで追加することができます。追加したドメインでLINE WORKSメールを利用するためにはMXレコードの設定が必要です。MXレコードの設定が確認されると、サブメールドメインのアドレスでメール送信することができます。LINE WORKSメールを利用しない場合はTXT/CNAMEレコードを設定してドメイン所有権を確認します。

  1. 管理者画面の左側メニューの [基本設定] を開いて [ドメイン] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 一覧上部ので [サブドメイン追加] をクリックします。
    • サブメールドメインを追加するには、プライマリ ドメインが「使用中」状態である必要があります。
  3. サブメールドメインを入力し [完了] をクリックします。
    • LINE WORKSに登録されているドメインやサブドメインは追加できません。
  4. サブメールドメインのDNSにMXレコードを設定します。
    • LINE WORKSメールを利用しない場合はTXT/CNAMEレコードを設定します。

MXレコードの反映には、最長で 72 時間かかることがあります。

MXレコードの設定が確認されると、状態が「使用中」に変わり、サブメールドメインのアドレスでメールを送受信することができます。

サブメールドメイン追加後、14 日以内にMXレコードの反映が確認できなかった場合、ドメインの追加がキャンセルされ、追加したドメインは一覧から削除されます。

 

サブメールドメインを削除する

登録したサブメールドメインを削除することができます。

  1. 管理者画面の左側メニューの [基本設定] を開いて [ドメイン] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. サブメールドメイン右側の [削除] をクリックします。

サブメールドメインを削除すると、サブメールドメインのアドレスは利用できなくなります。

プライマリ ドメインは削除できません。

 

プライマリドメインとサブメールドメインの切替

最高管理者はドメイン所有権が確認されたサブメールドメインをプライマリドメインに変更することができます。

プライマリドメインの変更には、変更後のドメインをサブメールドメインとして追加しておく必要があります。

  • メンバー数が多い場合、変更に時間がかかる場合があります。
  • ドメイン変更後 24 時間は再変更できません。すべてのメンバーが全サービスからログアウトされます。再ログイン時には変更後のドメイン名のIDが必要です。
  • 「メンバー情報」に個人メールアドレスを登録しておくと、個人メールアドレスへ案内メールが送信されます。
  • ドメインを変更すると、最高管理者の個人メールアドレスへ案内メールが送信されます。
  1. 管理者画面の左側メニューの [基本設定] を開いて [ドメイン] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. サブメールドメインの右側にある [プライマリドメインに変更] をクリックします。
    • MXレコードの設定が確認されると、状態が「使用中」になります。
  3. 注意事項を確認してチェックを入れ、[ドメイン変更] をクリックします。
この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。