メール管理

LINE WORKS メールのセキュリティに関する機能を設定することができます。

外部メールの受信許可

他社メールサービスで受信したメールを LINE WORKS メールへインポートできます。外部メールインポート機能は、管理者が許可した場合のみ利用できます。

  1. 管理者画面の左側メニューの [セキュリティ] を開いて [メール管理] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 「外部メールの受信」項目の右側にある  アイコンをクリックします。
  3. 「外部メールの受信」で利用有無を設定します。
    • 有効 : メンバーが「外部メールの受信」機能を利用できます。
    • 無効 : メンバーが「外部メールの受信」機能を利用できません。設定済みの情報は削除されます。
  4. [保存] をクリックします。

外部メールの画像 / リンクをブロックする

外部から受信するメール内の画像やリンクを制限することができます。

有効にすると外部から受信したメールの確認画面に一時ブロックのアラートが表示され、[画像/リンク表示] をクリックすると画像が表示され、リンクにアクセスできるようになります。

画像 / リンクのブロックは、管理者が強制適用するか、メンバーが利用有無を選択できるように設定できます。

  1. 管理者画面の左側メニューの [セキュリティ] を開いて [メール管理] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 「外部メールの画像 / リンクをブロック」項目の右側にある  アイコンをクリックします。
  3. 「外部メールの画像 / リンクをブロック」で利用有無を設定します。
    • すべてのメンバーのメールで画像/リンクをブロック: 外部からのメールを開いた際に挿入画像やリンクが表示されません。
    • 各メンバー別の環境設定に従う: メンバーがリンクブロックの利用有無を選択できます。
  4. [保存] をクリックします。

セキュリティレベルの設定

LINE WORKS メールのセキュリティレベルには「公開」、「社外秘」、「機密」があります。管理者はセキュリティレベル毎に使用有無を選択できます。

メンバーは使用可能なセキュリティレベルの中から一つを選んでメールを送信することができます。

  • 「公開」: メールの転送や有効期限に制限がありません。セキュリティレベルを指定しないメールは「公開」レベルが適用されます。
  • 「社外秘」または「機密」: セキュリティ上重要なメールを送信する際に使用します。会社の方針に合わせて情報レベルとレベル別設定を変更できます。
    • 情報レベル : 「社外秘」「機密」の右側の [修正] をクリックし、情報レベル名を変更できます。
      • 修正後には管理者画面とメール画面両方に変更された情報レベルが表示されます。
      • 監査ログには変更後の情報レベルを区別できるように、変更した情報レベルの前にRestricted(社外秘)または、Confidential(機密)が併記されます。
    • レベル別設定 : 「有効期間」「転送禁止」「設定した有効期限でメールを自動削除」を設定できます。
  1. 管理者画面の左側メニューの [セキュリティ] を開いて [メール管理] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 「情報レベル」タブを選択します。
  3. 「情報レベルの」項目の右側にある  アイコンをクリックします。
  4. 各セキュリティレベルの利用有無を設定します。
    • 有効 : メール作成時にセキュリティレベルを設定できます。
    • 無効 : メール作成時にセキュリティレベルを設定できません。すべてのメールは「公開」となります。
  5. 「社外秘」または「機密」を有効にすると、「社外秘」メールと「機密」メールの詳細設定を変更できます。
    • 有効期限 : メールを確認できる期間で、設定した有効期間を過ぎると自動で削除されます。 未設定、1 日、1 週間、1 ヶ月、3 ヶ月から選択できます。
    • 転送禁止 : 送信したメールを他のメンバーが転送できないように設定します。
    • 設定した有効期限でメールを自動削除 : 有効期間を過ぎると、送信トレイからもメールが自動で削除されます。
  6. [保存] をクリックします。

ファイルの添付容量設定

通常添付の容量を設定し、超過するファイルは大容量添付モードで添付することができます。

メールに添付できるファイルの容量は「メール設定」で設定できます。

「ダウンロード期限付きファイル」を有効にした場合、添付できるファイルの最大容量と数は「メール設定」で設定できます。

設定項目 説明 管理者画面での設定場所
添付できるファイルの容量 メールに添付できるファイルの最大容量を設定します。 管理者画面 > サービス > メール > 一般
添付容量を超えるファイル添付可否 設定された容量を超過するファイルを大容量添付モードで添付するかどうかを設定します。

大容量添付ファイルは 7 日間 / 100 回まで ダウンロードできます。

管理者画面 > セキュリティ > メール管理
添付容量を超えるファイル添付数、容量 大容量添付を許可した場合、添付できるファイルの最大容量と数を設定します。 管理者画面 > サービス > メール > 一般

 

  1. 管理者画面の左側メニューの [セキュリティ] を開いて [メール管理] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 「添付容量を超えるファイル」項目の右側にある  アイコンをクリックします。
  3. 「添付容量を超えるファイル」で利用有無を設定します。
    • 有効 :  設定された容量を超過するファイルは大容量ファイル添付となり、ファイル 1 件あたり最大 7 日、100 回までダウンロートできます。
    • 無効 : 設定された容量を超過するファイルを添付できません。
  4. [保存] をクリックします。

メールのバックアップ / PC への保存

各メンバーによるメールのバックアップおよびメールデータ(.eml)のPCへの保存有無を設定することができます。

  1. 管理者画面の左側メニューの [セキュリティ] を開いて [メール管理] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 「メールのバックアップ / PC への保存」項目の右側にある  アイコンをクリックします。
  3. 「メールのバックアップ / PC への保存」で利用有無を設定します。
    • 有効 : メンバーがメールのバックアップ / PC への保存を利用できます。
    • 無効 : メンバーがメールのバックアップ / PC への保存を利用できません。
  4. [保存] をクリックします。

関連項目

もっと知りたいですか?
あなたの質問に「みんな」が答えてくれます。質問受付中!