アカウント管理

CONTENTS

この機能はスタンダード、アドバンストプランでのみ利用できます。

メンバーのパスワードとログインに関する設定を行なうことができます。

パスワードポリシー

メンバーのアカウントを安全に保護するためのパスワードに関する設定をします。

設定を変更してもメンバーはサービスからログアウトされず、設定後にメンバーがパスワードを変更するタイミングで、新しいルールでパスワードを作成する必要があります。

  1. 管理者画面の左側メニューの [セキュリティ] を開いて [アカウント管理] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 各項目の右側の  アイコンをクリックして設定を変更します。
  3. [保存] をクリックします。

パスワードポリシーで下記の項目を設定できます。

設定項目 説明
パスワードの形式 メンバーが登録するパスワードの形式を設定します。

  • 半角英数字の使用を必須 : 半角英数字のみ使用できます。
  • 半角英数字と特殊文字の使用を必須 : 半角英数字と特殊文字の組み合わせを使用できます。

英語の大文字、小文字は区別して利用可能です。

パスワードの長さ 使用できるパスワードの長さを設定します。

  • パスワードの長さは 8~20 文字 (半角英字基準) で設定することができます。
パスワードの有効期限 設定日から選択した日数を過ぎると、パスワードの変更が必要です。

  • 制限なし : パスワードの有効期限はありません。
  • 30 日/ 60 日/ 90 日/ 180 日/ 365 日  : パスワードの設定日から選択日数を過ぎると、パスワードの変更が必要です。
パスワードの再使用禁止 パスワードの変更時の過去に使用したパスワードの再使用可否を設定します。

  • 制限なし : パスワードの変更時に過去に使用したパスワードを再使用できます。
  • 直近 1つ/2つ/3つ/4つ/5つ のパスワードは使用不可
ログイン失敗時のアカウント一時停止 メンバーが連続してパスワードの入力に失敗した場合にアカウントを一時停止します。

  • 一時停止されたメンバーはすべてのサービスからログアウトされます。
  • 管理者が一時停止を解除した後にログインできます。

ログインポリシー

セキュリティに関するログインポリシーを設定します。

  1. 管理者画面の左側メニューの [セキュリティ] を開いて [アカウント管理] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 「ログイン設定」で項目を設定します。
  3. [保存] をクリックします。

2 段階認証

IDとパスワードによる認証に追加で認証番号を入力してログインする 2 段階認証を設定することができます。

  • 2 段階認証を有効にすると、登録済みの携帯番号または個人メールアドレスに送信される認証番号での認証が必須となります。携帯番号でのログインを利用するメンバーは、メール認証のみ利用できます。
  • メンバーの携帯番号または個人メールアドレスが変更された場合、次回ログインの 2 段階認証から適用されます。
設定項目 説明
2段階認証 (2-step verification)
  • 必須 – すべてのメンバーが次回ログインから2 段階認証が必須となります。
  • 選択 – メンバーが 2 段階認証の使用有無を設定できます。
信頼済みのモバイル端末では2段階認証をスキップする
  • この設定は下の [携帯電話の画面ロック解除でログイン(FIDO認証)] 機能によって、メンバーが一度ログインした後、自分の信頼済み端末に登録したモバイル端末のみに適用されます。
  • 信頼済みモバイル端末では次回の生体認証でLINE WORKSアプリにログインするときに 2 段階認証を飛ばして進むことができます。

Developer Consoleで「組織連携 > 組織 / メンバー」を利用している場合、携帯番号または個人メールアドレス情報が登録されていないメンバーは 2 段階認証でログインすることができません。

2 段階認証を「有効にする」に設定する前にメンバーの携帯番号または個人メールアドレスが登録されていることを確認してください。

PC版アプリ/Driveエクスプローラーのログイン維持

メンバーがPC版アプリまたはDriveエクスプローラにログインする際に、ログインを維持するように設定することができます。

管理者がこの機能を有効にして、メンバーがログインを維持する機能を利用すると、PC版アプリまたはDriveエクスプローラを再開始しても別途ログインなく、PC版またはDriveエクスプローラを利用できます。

機能 説明
PC版アプリ/Driveエクスプローラーのログイン維持
  • 許可 :  すべてのメンバーがPC版アプリまたはDriveエクスプローラから自動ログイン機能を利用できます。
  • 許可しない : メンバーはこれ以上PC版アプリまたはDriveエクスプローラから自動ログイン機能を利用できません。すべてのメンバーに設定変更に関するサービス通知トークが送信されます。すでに自動ログイン機能を使用していたメンバーを含め、ドメイン内のすべてのメンバーは、次回のログインから直接ログインする必要があります。環境設定で該当設定が公開されず、PCアプリのログイン画面で「ログイン状態を保持」を設定してもログインが維持されません。

ブラウザ同時接続制限

1つのアカウントで同時に接続できるウェブブラウザの数を制限します。

機能 説明
ウェブブラウザからの同時接続数
  • 制限なし: ブラウザの数に制限なく、自由にPCウェブLINE WORKSを利用できます。
  • 2 つ / 4 つ

無操作によるログアウト設定

一定時間操作がない場合、サービスから自動的にログアウトするよう設定します。
再ログインすることで正常にサービスを利用できます。

PCウェブブラウザ/モバイルブラウザで[制限なし]を設定した場合、無操作によるログアウトは 24 時間に自動的に設定され、PCウェブブラウザでログインする場合、[ログイン維持]を選択すると最大 30 日まで延長されます。

機能 説明
PCウェブブラウザ/モバイルブラウザ
  • 制限なし
  • 30 分/ 1 時間/ 2 時間/ 4 時間/ 6 時間/ 12 時間/ 24 時間/ 7 日/ 14 日/ 30 日
モバイル版アプリ
  • 30 日/ 180 日/ 1 年

ログイン方法

メンバーがIDとパスワードを入力する代わりに、簡単ログインでログインできるように設定することができます。

LINEでログイン

LINEアカウントを利用してログインすることができます。

  • メンバーがLINEアカウントをLINE WORKSに連携後に使用できます。
  • 連携したLINEアカウントがLINE WORKS上で表示されることはありません。
  • 管理者はメンバー単位で「​LINEでログイン」の利用可否を設定できます。
設定項目 説明
​LINEでログイン
  • 許可 : メンバーがLINEでログインできます。
  • 許可しない : メンバーが​LINEでログインを利用できません。

携帯番号でログイン

携帯番号に送信される認証番号を入力してログインすることができます。

メンバーが携帯番号を認証してLINE WORKSアカウントに登録後から使用できます。

  • 登録した携帯番号で認証できない場合は「サービス通知」で認証番号を受信できます。
  • メンバーはプロフィールに登録された携帯番号または別の携帯番号を登録してログインすることができます。
  • 携帯番号をログインにのみ使用する場合は、プロフィールの携帯番号項目を含め、IDやパスワード確認の際に利用、表示されることはありません。
設定項目 説明
携帯番号でログイン
  • 許可 : メンバーが携帯番号でログインできます。
  • 許可しない : メンバーが携帯番号でログインを利用できません。

モバイル版アプリのかんたんログイン

モバイル版アプリでパスコードまたは生体認証でログインすることができます。

モバイル版アプリのかんたんログインを利用するには、管理者画面で機能を有効にした後、各メンバーがデバイスでパスコードを登録する必要があります。

ただし、社内の利用環境によってこの設定が表示されない場合があります。

設定項目 説明
モバイル版アプリのかんたんログイン
  • 許可 : メンバーは「モバイル版アプリのかんたんログイン」を利用できます。全メンバーに有効になったことが通知されます。
  • 許可しない : 「モバイル版アプリのかんたんログイン」を無効にします。利用中のメンバーは以後、他の方法でログインする必要があります。

携帯電話の画面ロック解除でログイン(FIDO)

メンバーがデバイスに設定した生体認証などの携帯電話のロック解除方式でログインすることができます。

まず、メンバーがLINE WORKSアプリに設定した信頼済み端末に登録して、「携帯電話の画面ロック解除でログイン」設定を有効にするとこの方法でログインできます。

  • メンバーがモバイル版アプリに携帯電話の画面ロック解除でログインする場合、2段階認証はされません。
  • メンバーがブラウザ版、PC版アプリ、Driveエクスプローラで携帯電話の画面ロック解除でログインするとき、IDまたは信頼済み端末の携帯番号を入力すると、その端末からログイン認証要請を承認してログインすることができます。
    管理者はこのとき、2段階認証の利用有無を設定できます。
  • 管理者はセキュリティ管理のためにメンバーが登録したデバイス名を確認し、特定のデバイス登録を解除することができます。
設定項目 説明
携帯電話の画面ロック解除でログイン(FIDO認証)
  • 許可 : メンバーがこの機能を利用してログインできるように許可します。許可すると、すべてのメンバーがこの機能を利用可能という通知を受信します。
  • 許可しない : メンバーがこの機能を利用してログインできないように制限します。すでにこの機能を設定して利用中のメンバーは、信頼済み端末がすべて削除され、次回のログインからは他の方法でログインしなければなりません。設定すると、すでにこの機能を利用中のメンバーは通知を受信します。

 

この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。