外部MDM連携

MDM (Mobile Device Management) ソリューションを利用する場合に、モバイルデバイスのLINE WORKSへのアクセスを管理することができます。

外部MDM連携前の注意事項

  • LINE WORKS MDMと外部MDMは併用できません。LINE WORKS MDMを利用中に「外部MDM連携」を有効にすると、LINE WORKS MDMの設定が削除されます。
  • 利用するMDMソリューション がManaged App Configurationに対応している必要があります。
  • AndroidデバイスではAndroid Enterpriseを使用するデバイスのみ利用できます。事前にAndroid Enterpriseの導入が必要です。
  • 外部MDM連携を有効にすると、すべてのメンバーがモバイル版LINE WORKSアプリからログアウトされ、外部MDMでConfiguration Key / Valueを設定したモバイル版LINE WORKSアプリのみ再ログインすることができます。

外部MDM連携の手順

以下の手順で外部MDM連携を有効にすることができます。

  1. LINE WORKSの管理者画面で外部MDM連携を有効にし、連携に必要なKey Valueを発行します。
  2. 外部MDMソリューションのコンソールを開き、Managed app設定でLINE WORKSアプリを登録します。
  3. 登録したLINE WORKSアプリのApp Configuration設定で下記の項目を設定します。
    • App Configuration Key : 「LineworksAuthCode」を入力。
    • App Configuration Type : String / 文字列を選択。
    • App Configuration Value: LINE WORKS管理者画面で発行されたKey Valueを入力。
    • 設定項目は下記のとおりです。
      設定項目 説明
      Configuration Key
      • Managed App Configurationで利用するキーです。
      • Configuration Keyの既定値として「LineworksAuthCode」が入力されています。
      Value Type
      • Managed App Configurationで利用される「Key Value」の形式です。
      • LINE WORKSで外部MDM連携するためのKey Valueは「String」(文字列) 形式です。
      Key Value
      • Managed App Configurationで利用する値 (Key Value) です。
      • LINE WORKS管理者画面で自動発行するか、直接入力することができます。
        • 自動作成 : LINE WORKSで発行したKey Valueを使用します。
        • 直接入力 : Key Valueが決まっている場合に選択して入力します。
  4. 外部MDMソリューションのコンソールでLINE WORKSアプリをメンバーのデバイスへ配信するか、各メンバーが外部MDMでLINE WORKSをインストールします。

設定が完了すると、モバイル版LINE WORKSアプリにログインすることができます。

以下で、LINE WORKS管理者画面で外部MDM連携を設定する手順を説明します。外部MDMソリューションでの設定方法は各ベンダーにお問い合わせください。

LINE WORKS 管理者画面での設定

外部MDM連携を有効にすると、すべてのメンバーが 10 分以内にモバイル版LINE WORKSアプリからログアウトされます。

外部MDM連携の設定を有効にする前に、外部MDMソリューションのコンソールでApp Configurationを設定してください。

  1. 管理者画面の左側メニューの [セキュリティ] を開いて [モバイル管理] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 「モバイル管理」で [高度な設定] をクリックします。
  3. 「外部MDM連携」で [管理] をクリックします。
  4. 「外部MDM連携」を有効にして [OK] をクリックします。
  5. 「他のドメインアカウントでのログインを制限する」の利用有無を設定します。
  6. 発行されたKey Valueを確認します。[直接入力] をクリックして編集することもできます。
  7. 画面下部の [保存] をクリックします。

Key Valueの再発行

Key valueの流出した場合など、必要に応じてKey Valueを再発行することもできます。

Key Valueを再発行すると、すべてのメンバーが最大 10 分以内にモバイル版LINE WORKSアプリからログアウトされ、外部MDMでConfiguration Key / Valueを再設定後に再度ログインできます。

Key Valueを再発行した場合は、外部MDMソリューションのコンソールでもApp Configurationを再設定してください。

  1. 管理者画面の左側メニューの [セキュリティ] を開いて [モバイル管理] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 「モバイル管理」で [高度な設定] をクリックします。
  3. 「外部MDM連携」で [管理] をクリックします。
  4. 「Key Value」の設定値を変更します。
    • 「自動作成」を選択した場合 : [再発行] をクリックします。
    • 「直接入力」を選択した場合 : 新しい値をを入力します。
  5. 画面上部の [保存] をクリックします。

他ドメインへのログイン制限

外部MDM連携を利用中のモバイルデバイスで、他のドメイン / ワークグループへのログインを制限することができます。

以下の注意事項があります。

  • グループ会社を含め、他ドメインと重複しない一意のKey Valueの設定する必要があります。
  • 有効にすると他のドメイン / グループ会社のアカウントでログインできません。
  • 有効にすると最大 10 分以内または当該ドメインのアカウントで次回ログインする際に、他のドメイン / グループ会社のアカウントはログアウトされます。

外部MDM連携の解除

外部MDM連携の設定を解除することができます。

解除する場合は、外部MDMソリューション側のLINE WORKS連携設定も解除する必要があります。

  1. 管理者画面の左側メニューの [セキュリティ] を開いて [モバイル管理] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 「モバイル管理」で [高度な設定] をクリックします。
  3. 「外部MDM連携」で [管理] をクリックします。
  4. 「外部MDM連携」を無効にします。
  5. 画面上部の [保存] をクリックします。
この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。