ファイル管理

管理者はLINE WORKSサービスにおけるファイル送受信を制限することができます。

  1. 管理者画面の左側メニューの [セキュリティ] を開いて [ファイル管理] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. 「ファイル管理」で項目を設定します。
  3. [保存] をクリックします。

ファイル管理で下記の項目を設定できます。

モバイル版アプリのダウンロードを制限する

モバイル版アプリの各サービス内のファイルをデバイスにダウンロードすることを制限できます。

「モバイル版アプリからのファイルダウンロードを制限」を有効にした場合、

  • 添付、転送された文書ファイルはビューアで閲覧できますが、ダウンロードボタンは表示されません。
  • 画像、動画ファイルはビューアで閲覧できますが、ダウンロードボタンは表示されません。

サービス利用設定」で権限テンプレートごとにダウンロード可否を設定することもできます。

モバイル版アプリのアップロードを制限する

モバイルデバイス内にあるファイルをサービスへアップロードすることを制限できます。

  • モバイル版アプリでファイル添付、ファイル / 動画 / 写真の選択ボタンおよび写真 / 動画撮影ボタンが表示されません。
  • モバイル版アプリのアドレス帳でデバイスの写真を選択するボタンが利用できません。
  • 他のアプリからファイルを共有する際に、アプリの選択肢にLINE WORKSが表示されません。

ウォーターマークを表示する

ウォーターマーク設定を有効にするとモバイル版アプリで画像、文書、動画を見る時にビュアーで確認でき、ウォーターマークが表示されます。

ウォーターマークは社内情報を使用する時に出所を明確に表示することができます。

  • 画像、文書、動画をみるメンバーの会社名、アカウント、ビュアーで確認した時間がウォーターマークで表示されます。
  • アップロードや編集した場合はウォーターマークが表示されません。
  • Drive リンク共有などを通じてログインしない状況でビュアーを開く場合はウォーターマークが表示されません。

ファイル形式で制限する

拡張子を指定してLINE WORKSサービス上でのファイル送受信を制限することができます。

  • ファイル送受信を制限するサービスを設定できます。
  • 制限するファイル拡張子を設定できます。

設定を保存後、サービスへ反映されるまで最大で 1 時間程度かかる場合があります。

適用サービスの設定

ファイル形式の制限を適用するサービスを選択します。

設定項目 説明
トーク
  • 制限された形式のファイルをトークで送信できません。
  • 制限された形式のファイルをトークルームからダウンロードできません。
  • 制限された形式のファイルを他のトークルームに転送できません。
掲示板、ノート
  • 制限された形式のファイルをノートに添付できません。
  • 制限された形式のファイルが添付されたノートは修正できません。投稿を修正する場合は添付ファイルを削除しなければなりません。
  • 制限された形式の添付ファイルは保存できません。
メール
  • 制限された形式のファイルが添付されたメールは受信できません。
  • 制限された形式のファイルをメールやメモに添付できません。
  • 設定前に受信したメールに制限された形式のファイルが添付されている場合、ファイルを開いたり保存できません。
  • 設定前に受信したメールや下書き、メモ、送信メールに制限された形式のファイルが添付されている場合、そのメールの転送や再作成時に対象ファイルが削除されます。

IP管理で受信許可するIP として登録されたIPアドレスから送信されたメールは、制限された形式のファイルが添付されても受信できます。

カレンダー (チーム / グループ予定)
  • 制限された形式のファイルを添付できません。
  • 制限された形式のファイルをダウンロードできません。
Drive (チーム / グループフォルダ)
  • 制限された形式のファイルをアップロードできません。
  • 制限された形式のファイルをダウンロードできません。
  • 制限された形式のファイルを開いたりコピー、移動することはできません。
  • 他のLINE WORKSサービスで受信した制限された形式のファイルをDriveに保存できません。

LINE WORKS内の機能でDriveのファイルを添付したり、他の機能のファイルをDriveに保存するには、双方の制限を解除する必要があります。

アンケート
  • 制限された形式のファイルを添付できません。
  • 制限された形式のファイルをダウンロードできません。

制限対象のファイル形式の管理

  • マルウェア / ウイルスによる被害および拡散を防止するため、既定で制限されるファイル形式が指定されています。
  • 既定の制限ファイル形式は解除することができます。
  • 管理者は制限するファイル形式の拡張子を 200 件まで指定することができます。

下記のファイル形式は拡張子や中身のチェックを行ない、他の拡張子で偽装したファイルも制限することができます。

  • バッチファイル :  .bat, .cmd
  • (Windows 32/64bit) PE実行ファイル : .exe, .scr
  • (Windows 32/64bit) PEライブラリ : .cpl, .dll, .ocx

下記のファイル形式は拡張子で制限されます。

  • .com
  • .js
  • .vbs
  • .wsf
  • .hta
  • 直接入力した拡張子

外部ユーザーとのトークで制限する

外部ユーザーとのトークルームにおけるファイル送信可否を設定します。

設定項目 説明
LINEユーザーとのトークルーム LINEユーザーとのトークルームにおけるファイル送信の可否を設定します。

外部LINE WORKSユーザーとのトークルーム 外部LINE WORKSユーザーとのトークルームにおけるファイル送信可否を設定します。

この項目は「外部トーク連携」でも設定できます。

この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。