メールの送受信設定

メールの詳細設定として、受信を許可する IP、受信ゲートウェイ、送受信ルーティング、送信ドメイン認証 (DKIM) を設定することができます。

管理者が追加したドメインがある場合、各ドメインに対する送受信に関する機能を設定することができます。

メール受信許可 IP 管理

受信許可 IP を追加するか削除することができます。

受信許可 IP で送信されたすべてのメールは迷惑ポリシーにより作成されたフィルタに影響を受けなく受信トレイに受信されます。

受信許可 IP 照会方法

  1. 管理者画面の左側メニューの [サービス] を開いて [メール] を選択します。モバイルでは  アイコンをタップするとメニューが表示されます。
  2. [送受信設定] タブをクリックします。
  3. 「受信許可するIP」右側の [管理] をクリックします。
  4. 登録された受信許可 IP一覧を確認します。

受信許可 IP 追加方法

受信許可する IPを追加します。

追加した IPから発信されたすべてのメールは迷惑メールに適用されず、[受信メール] に受信されます。

受信許可 IP 削除方法

追加された受信許可 IP を削除します。

受信ゲートウェイの設定

受信ゲートウェイとは、受信メールのゲートウェイ機能を持ったセキュリティソリューションやメールゲートウェイサービスのことです。LINE WORKS では「受信ゲートウェイ設定」を行うことで、受信ゲートウェイを経由してメールを受信できます。

受信ゲートウェイを利用する前に MX レコード設定を受信ゲートウェイのアドレスに変更する必要があります。

LINE WORKS では、受信ゲートウェイサーバーを提供しておりません。

受信ルーティング

LINE WORKS で受信したメールを指定したサーバーに転送することができます。
ルーティングの対象やルーティングの内容を設定することができます。​導入前のテストや受信メールを外部ソリューションでアーカイブする際等に利用できます。

受信ルーティング対象と内容

送信ルーティング

LINE WORKS から送信されるメールを指定したサーバーに転送したり、指定したサーバーを経由して送信することができます。

旧・送信ゲートウェイ機能が送信ルーティングに統合されたため、DLP(Data Loss prevention) の目的でも利用できます。

ルーティングの対象やルーティングの内容を設定することができます。

送信ルーティング対象と内容

ルート管理

送受信ルーティングに指定するサーバーを修正や削除することができます。

「ルート管理」を含む「受信ルーティング」、「送信ルーティング」で [ルートを追加] をクリックするとルートを追加できます。

利用中のルートは修正のみできます。

送信ドメイン認証 (DKIM)

DKIM(DomainKeys Identified Mail) とは、メールのヘッダーに署名を追加して、受信したメールが改ざんされていないことを証明する認証技術です。

DKIM により、すべての送信メールのヘッダーに暗号化された署名が追加されます。これらのメールを受信したメールサーバーは、DKIM を使用してメッセージヘッダーを復号化し、メールが送信後に変更されていないことを確認します。DKIM を利用することで迷惑メールを防ぐことができ、メール本文の信頼性を高めることができます。

利用する独自の DKIM の設定を手動で設定することもできますが、DKIM の手動設定を行わない場合、送信メールには LINE WORKS の基本 DKIM 設定が適用されます。DKIM を手動で設定する方法は下記のようです。

送信ドメイン認証 (DKIM)

関連項目

もっと知りたいですか?
あなたの質問に「みんな」が答えてくれます。質問受付中!