パスワードの設定

メンバーが LINE WORKS を開始するためには、管理者がメンバーを追加後に、メンバー自身でパスワードを設定する必要があります。

メンバー追加後、メンバーがパスワードを設定しないまま 30 日が経過すると、「登録待ち (期限終了)」になり LINE WORKS を開始することができません。

パスワードの設定方法には下記があります。

管理者は期限終了を含む登録待ちのメンバーに対してパスワードの変更を要請することができます。この際、臨時パスワードの自動作成または管理者が作成してメンバーに送信します。

パスワードは数字、半角英文字を含めて 8 文字以上で設定し、連続した英字または数字を3つ以上続けて使用することはできません。(例 : abc/aaa/123/111/@@@)

管理者はブラウザ版の管理者画面でパスワードポリシーを変更することができます。

 

臨時パスワードを自動作成する

臨時パスワードを自動作成します。招待メールを受信したメンバーが臨時パスワードでログインすると、パスワード変更画面が表示されます。メンバーがパスワードを変更すると、利用を開始した「使用中」状態になります。

  1. 「パスワード」作成で [自動] をタップします。
  2. [保存] をタップすると、「メンバー追加」で メンバーの ID と 臨時パスワードが表示されます。
  3. [共有] をタップし、追加したメンバーのメールアドレスを入力して招待メールを送信します。
  4. メールを受信したメンバーが臨時パスワードでログインすると、パスワード変更画面が表示されます。メンバーがパスワードを変更すると、LINE WORKS の利用が開始され、状態が「登録待ち」から「使用中」に変わります。

管理者が臨時パスワードを直接入力する

管理者が臨時パスワードを直接入力して作成し、メンバーに招待メールを送信します。メールを受信したメンバーが臨時パスワードでログインすると、パスワードを変更画面が表示されます。自身のパスワードを変更すると、「登録待ち」状態から「使用中」へ変更されます。

  1. 「パスワード」作成で [直接入力] をタップします。
  2. 「直接作成」で [管理者が作成] をタップします。
  3. パスワードを入力します。
  4. [保存] をタップし、「メンバーの追加」へ戻ります。
  5. [共有] をタップし、追加したメンバーのメールアドレスを入力して招待メールを送信します。

メールを受信したメンバーが臨時パスワードでログインすると、パスワード変更画面が表示されます。メンバーがパスワードを変更すると、LINE WORKS の利用が開始され、状態が「登録待ち」から「使用中」に変わります。

メンバー自身のパスワードを作成する

メンバーにパスワード登録画面への招待メールを送信し、メンバー自身がパスワードを直接設定します。追加するメンバーの名前、ID、メールアドレスを入力して招待メールを送信します。

招待メールを受信したメンバーがメール本文の [パスワード登録画面へ] からパスワードを登録すると、状態が「登録待ち」から「使用中」に変わります。

  1. 「パスワード」作成で [直接入力] をタップします。
  2. 「直接入力」で [管理者が作成] をタップします。
  3. 「メンバーかパスワード作成」の [メンバーが作成] をタップします。
  4. 招待するメンバーのメールアドレスを入力します。
  5. [保存] をタップして「メンバーの追加」へ戻ります。[このメンバーの個人メールアドレスとして登録] にチェックを入れると、招待メールの送信先をメンバーの個人メールアドレスとして登録できます。
  6. 「メンバーの追加」で [保存] をタップします。

関連項目

もっと知りたいですか?
LINE WORKS コミュニティで使用や活用方法について質問したり情報を共有してみましょう。